最近のトラックバック

« 唄ごころ満点のアルト・サックス | トップページ | アキコ・グレースの本当の個性 »

2013年11月 4日 (月曜日)

ワンホーンのマクリーンが良い

ジャキー・マクリーン(Jackie Mclean)と言えば、唄ごころ満点のアルト奏者というイメージが強い。特に1950年代後半のハードバップの時代の彼のリーダー作は、いずれも「唄ごころ満点」のアルトを十分に楽しめるものばかりだ。

例えば、この『4,5&6』(写真左)。1956年7月の録音。ちなみにパーソネルは、Jackie McLean (as), Hank Mobley (ts), Donald Byrd (tp), Mal Waldron (p), Doug Watkins (b), Art Taylor (ds)。マクリーン、モブレイ、バードの充実の3管、アルト、テナー、ペットの重厚なフロント。

タイトルの「4,5&6」とは、カルテット(4人編成)、クインテット(5人編成)、セクステット(6人編成)のこと。アルトのジャキー・マクリーンをリーダーに、3種類の編成で様々な楽曲を楽しめる。

このアルバムについては、出だしの「Sentimental Journey」にとどめを刺す。この有名なスタンダードのコード進行に乗って、マクリーンのリラックスした、唄うようなインプロビゼーションが冴えわたる。
 
バックのリズムセクションも、リラックスして最高なバッキングを決めてくれる。 う〜ん、この適度にリラックスした、それでいてテンションの高い演奏、なんとも言えず心地良い。
 
Mclean_456
 
2曲目の「Why Was I Born?」は、ちょっとハイテンポの典型的なハードバップ的演奏。ちょっと、チューニングが外れた様な、それでいてエモーショナルで、力強いマクリーンのアルトが響き渡る。
 
クラシックでは許せないであろうマクリーンの特色ある音色が、ジャズのフォーマットの中ではなんと心地よいことか。爽やかな疾走感が、このころのマクリーンの音色の特色でもある。

編成的には、やはり、1ホーンのマクリーンの音色のみで、じっくり楽しめるカルテットの編成が一番良いと思う。が、クインテットの編成では、ドナルド・バードの端正で、優しい音色のトランペットがなかなか素晴らしい。セクステットの編成では、テナー・サックスのハンク・モブレイがなかなか好調なテナーを聴かせる。

全編を通じて言えるのは、リズム・セクションの素晴らしさ。マル・ウォルドロンのピアノ、ダグ・ワトキンスのベース、アート・テイラーのドラム。この3人による、堅実でノリの良いリズム・セクションが、マクリーンのアルトを、バードのペットを、モブレイのテナーを支えている。

ハードバップの典型的名演として、いつでもどこでも、気軽に聴ける愛聴盤の1枚です。全てのジャズ者の皆さんにお勧め。
 
 
 

大震災から2年7ヶ月。決して忘れない。まだ2年7ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 唄ごころ満点のアルト・サックス | トップページ | アキコ・グレースの本当の個性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53825468

この記事へのトラックバック一覧です: ワンホーンのマクリーンが良い:

« 唄ごころ満点のアルト・サックス | トップページ | アキコ・グレースの本当の個性 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ