« タンジェリン・ドリームの傑作 | トップページ | こんなアルバムあったんや・28 »

2013年10月20日 (日曜日)

『Rubycon』という傑作盤

ドイツ・プログレの雄、シンセ・ミュージックの老舗、タンジェリン・ドリーム。1974年、メジャーのVerginレーベルに移籍して以降、メロディアスなフレーズと、シーケンサーを活用したリズム&ビートを導入。グループ結成当初の現代音楽風な幽玄でフリーキーな音世界から、シンセサイザーを最大限に活用、拡がりのある幽玄なメロディーと展開を基本とした、プログレッシブ・ロック風の音世界を獲得した。

その最初の成果が、Verginレーベルに移籍第2作目、通算5枚目のアルバムである『Rubycon(ルビコン)』(写真左)。1975年のリリースになる。この『Rubycon』に収録された楽曲は、僕はFMでリアルタイムに聴いた経験がある。

当時は、このタンジェリン・ドリームの音世界は、プログレッシブ・ロックというよりも、単純にシンセサイザー・ミュージックとして捉えて聴いていた様に思う。

とにかく、ロック・バンドに必需品であるギター、ドラム、ベースが無い。シンセサイザーとシーケンサーをベースとした音楽である。1975年当時の、ロックを聴き始めて2年目の僕には、このタンジェリン・ドリームの音世界を的確に表現する知識を持ち合わせてはいなかった(笑)。
 

Rubycon

 
『Rubycon』の音世界は、じっくり聴き耳を立ててみると、最初は「歌のないピンク・フロイド」に感じる。確かに、フレーズのところどころに、ピンク・フロイドで聴いたことのある展開が顔を出す。思わずニンマリしてしまう。つまり、それだけ、タンジェリン・ドリームの音世界がメロディアスになって、聴き易くなったということである。

『Rubycon』は、1. Rubycon (Part One) と、2. Rubycon (Part Two) の2曲のみで構成される。LP時代は、A面に「Part One」を、B面に「Part Two」を配していた。この1曲17分程度の「長い曲」、そして、シンセサイザーを活用していること、観念的でスペーシーな拡がりと展開という特徴から、この音世界はプログレッシブ・ロックと評して良いと思う。

しかし、この長い曲を、タンジェリン・ドリームは、一気に退屈させずに聴かせてしまう。このアルバムの展開と構成、演奏テクニックは凄い。シンセサイザーのみの音世界は、無限の音とイメージの拡がりを感じさせ、幽玄な雰囲気を醸し出す。シーケンサーを活用したリズム&ビートは、ある種の心地良い緊張感を醸し出す。タンジェリン・ドリームのみが出すことの出来る、個性的な音世界。

タンジェリン・ドリームは、彼らのバンドの歴史の中で、幾度か、音世界のスタイルが変化していくんだが、僕達が真っ先にイメージする「タンジェリン・ドリームらしさ」が色濃いのはこの頃の作品でしょう。タンジェリン・ドリームの音世界の原点の一つを体感できる、素晴らしい作品だと思います。

 
 

大震災から2年7ヶ月。決して忘れない。まだ2年7ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« タンジェリン・ドリームの傑作 | トップページ | こんなアルバムあったんや・28 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『Rubycon』という傑作盤:

« タンジェリン・ドリームの傑作 | トップページ | こんなアルバムあったんや・28 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー