最近のトラックバック

« ジャケ買い「海外女性編」その4 | トップページ | ハバードの変わり種アルバム »

2013年10月 8日 (火曜日)

評価するに厄介なトランペッター

しかし、この人ほど、テクニックが素晴らしく、器用なトランペッターはいないと思う。そのトランペッターの名は「フレディー・ハバード(Freddie Hubbard)。

ハバードは、共演者との相性、共演者との組合せ、セッションの内容、プロデューサーの意向、録音地の環境等に対して、様々なスタイル、様々な音色で対応する。七変化である。トランペットの吹き方・音色に関する「あらゆる要請」に十二分に応える。そんな凄いテクニックと才能を持ったトランペッターである。

ここに、Freddie Hubbard『Outpost』(写真左)というアルバムがある。1981年3月の録音。ドイツはミュンヘンのEnjaレーベルでの吹き込みになる。プロデューサーは、Enjaレーベルの総帥ホルスト・ウェーバー。ちなみにパーソネルは、Freddie Hubbard (tp), Kenny Barron (p), Buster Williams (b), Al Foster (ds)。

パーソネルだけみると、アメリカンな純ジャズをガッツリやるメンバーの様な雰囲気なんだが、ドイツはミュンヘンのEnjaレーベルでの吹き込みということなのかどうかは知らないが、この『Outpost』全体を覆う演奏の雰囲気は明らかに「ヨーロピアン」。欧州ジャズの雰囲気満載の優秀盤である。

この盤でのハバードは、完璧なまでに「欧州ジャズ」的なトランペットを披露する。汗が飛び散る様な熱気溢れるハードバップなブロウは封印し、クールで端正で知的な「ヨーロピアン」なトランペットの音色が、このアルバムの最大の特徴。つまり「欧州ジャズ」的なハバードが聴ける、ちょっと面白い内容の盤である。
 

Outpost

 
しかし、本当に器用なものだ。1981年と言えば、ハードバップの再来として、テクニックと熱気溢れるブロウを引っさげ、米国でV.S.O.P. クインテットの一員として大成功を収めた直後。この盤でも、テクニックと熱気溢れるブロウを引っさげ「ガンガン」吹くかと思いきや、クールで端正で知的な「ヨーロピアン」なトランペットで冷静に吹きまくる。それまでの米国でのパフォーマンスからすると全くの別人である。

1981年と言えば、ジャズとしては「フュージョン・ジャズ」ブームの末期。メインストリーム・ジャズ復古のムーブメントまでには、もう少し時間を待たねばならない時代。フュージョン・ジャズでも無い。と言って、アメリカンな純ジャズをやっても、まだ「ウケる」時代では無い。そこにEnjaレーベルでの録音のオファー。思わず、従来のスタイルを変えて、完璧なまでに「欧州ジャズ」的なトランペットを披露する。

この器用さがハバードの才能でもあり、逆に物足りない面でもある。七変化のハバードを聴いていると、ハバードの個性って、どのスタイルの吹き方なんだろうと、思わず考え込んでしまう。どのスタイルも、最高のテクニックで最高の歌心で吹き切ってしまうのだ。しかも、どのスタイルも及第点どころか、かなりの高得点を獲得してしまうまでの素晴らしさ。

この盤『Outpost』では、ヨーロピアンなハバードを聴くことが出来る。なかなか珍しい欧州的なブロウ。それはそれで、十分に鑑賞するに値する素晴らしい内容ではある。クールで端正で知的な「ヨーロピアン」なトランペットが、秋の夜長に心地良い。

フレディ・ハバードとは、評価するに実に厄介な(笑)トランペッターである。

 
 

大震災から2年半。決して忘れない。まだ2年半。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャケ買い「海外女性編」その4 | トップページ | ハバードの変わり種アルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53534223

この記事へのトラックバック一覧です: 評価するに厄介なトランペッター:

« ジャケ買い「海外女性編」その4 | トップページ | ハバードの変わり種アルバム »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ