« ラテンからジャマイカな融合音楽 | トップページ | 「秋たけなわ」にハード・バップ »

2013年10月26日 (土曜日)

ファンク・フュージョンを見直す

1970年代前半は「クロスオーバー・ジャズ」の時代。メインは、ジャズとロックの融合。8ビート、そして、エレキ楽器の積極導入がメイン。聴き味をまろやかにするのは、イージーリスニング・ジャズ。ストリングスを効果的に導入して、耳当たりの良いジャズを現出した。

そして、1970年代後半のフュージョン・ジャズは、その「クロスオーバー・ジャズ」の延長で、あくまで、8ビート+エレキ楽器の活用を極め、煮詰めていく方向と、その時代の流行の音楽、1970年代後半はR&Bとディスコの時代に追従し、ファンクネス溢れるR&B風のアレンジと、ディスコ・ミュージックを踏襲したメリハリの効いたリズム&ビートを導入した、ファンク・フュージョンに向かう方向と2手に大きく分かれた。

日本では、なかなか、ファンク・フュージョンは流行らなかった様な気がする。ファンク・フュージョンで踊るなら、本家本元のディスコ・ミュージックで踊ったほうが手っ取り早い。日本では、ディスコ・ミュージックは流行りに流行ったが、その変形である、根がジャジーなファンク・フュージョンは、あまりウケなかった気がする。

例えば、このLenny White『Streamline』(写真左)などはその好例。1978年のリリース。リーダーのレニー・ホワイトは、チック・コリアとの第2期Return to Foreverのドラマーとして、ハードなクロスオーバー・ジャズを展開、第2期Return to Forever解散後は、ソロとして活躍。このアルバムは4枚目のリーダー作。

冒頭の「Struttin」を聴くだけで、このアルバムは、ファンク・フュージョンなアルバム内容で在ることが直ぐに判る。ファンクネス溢れる、太いノリのリズム・セクション。踊ることを前提に作られたディスコ・ビートの導入。

鋼の様な、粘りとしなやかさのあるエレベは、若き日のMarcus Miller(マーカス・ミラー)。リーダーのレニー・ホワイトのドラミングは、意外にファンキーなことにビックリする。スティーブ・ガッドよりも円やかでこくのあるファンキー・ドラム。
 

Streamline

 
そこはかとなく、クロスオーバー・ジャズ時代の香り、ジャズ・ロック的な雰囲気は、ニック・モロックとジェイミー・グレイザーのエレギが醸し出している。このジャズ・ロックな雰囲気が、このアルバムの良いアクセントになっている。単に、あっけらかんとしたファンク・フュージョンなアルバムに終わっていないところが良い。

チャカ・カーンをフューチャーした、BEATLESのカバートラック「Lady Madonna」、どファンキーな「Time」も良い感じです。全編に渡って、なかなか良く作られた、味のあるファンク・フュージョンなアルバムに仕上がっています。

今の耳で聴き直すと、当時、なぜ日本で、ファンク・フュージョンがウケなかったのが不思議です。ファンクネスなリズム&ビートや、ファンキーなボーカルが、あまり馴染みがなかったことが原因でしょう。
 
何を隠そう、この僕も、このLenny White『Streamline』を初めて聴いた時は、ちょっとした違和感を覚えました(笑)。まあ、何度か繰り返し聴いていると、慣れもあって、違和感は無くなりましたが・・・。

ファンク・フュージョンの作品は、ボーカルが入っていたり、ポップな仕上がりとなっていたりで、ジャズとして聴くには、ちょっと抵抗のあるジャズ者の方々もいるかと思いますが、ここはジャズを離れて、米国ポップ・インストルメンタルとして、気軽に聴いてみると、なかなか味わいがあり、ジャズ・ロック的な雰囲気もあって、意外と聴き応えがあります。

 
 

大震災から2年7ヶ月。決して忘れない。まだ2年7ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ラテンからジャマイカな融合音楽 | トップページ | 「秋たけなわ」にハード・バップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンク・フュージョンを見直す:

« ラテンからジャマイカな融合音楽 | トップページ | 「秋たけなわ」にハード・バップ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー