最近のトラックバック

« ハバードの変わり種アルバム | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・9 »

2013年10月10日 (木曜日)

こんなアルバムあったんや・27

ジャズ盤とは不思議なところがあって、どうしてか理由は良く判らないのだが、ずっと昔にお蔵入りした録音が、ある日突然、陽の目を見ることがある。

例えば、トミー・フラナガン(Tommy Flanagan)とジャッキー・バイアード(Jaki Byard)のピアノの名手2人が録音した『The Magic Of 2』(写真左)などがその好例である。

このピアノ・デュオ盤、録音は1982年2月の録音。1970〜80年代初頭、アメリカ西海岸のジャズ・ライヴの拠点であったキーストン・コーナーでの貴重な未発表音源。そんな魅力的な未発表音源が、突如、今年の2013年3月になってリリースされた。まさに「こんなアルバムあったんや」である(笑)。

トミー・フラナガンは、ハード・バップ時代から活躍したピアニスト。メロディアスでバップなピアノが個性。数々の名盤にピアニストとして名を連ね、「名盤請負人」なる異名を持つ。また、歌伴プレイが絶品で、あのエラ・フィッツジェラルドのバックを長年務めた。

ジャッキー・バイアードは、マルチ・リード奏者としての顔も持ち、チャールス・ミンガスの下で頭角を現したピアニスト。伝統的なアプローチをベースに、今までのジャズ・ピアノの様々なスタイルを織り交ぜ、自由自在な展開が個性。

フラガナンとバイアード、伝統的なアプローチをベースとしたところは同じだが、フラガナンは「メロディアスで端正」、バイアードは「様々なスタイルを持った自由自在な展開」と、やや正反対の個性を持つ、正統派ピアニストである。
 

The_magic_of_2

 
この2人が丁々発止とピアノ・デュオでやりあうのだ。面白く、楽しいに決まってる。確かに、このデュオ・ライヴ盤『The Magic Of 2』を聴くと、本当に楽しい雰囲気がビンビンに伝わって来る。キーストンコーナーでリアルに聴いている聴衆も、歓声を上げたり温かい拍手を送ったりと、とても楽しそう。

各々の個性を尊重しお互いを立てつつ、それぞれのテクニック溢れる個性的な展開が、実に美しい対比を生んでいて、聴いていてとても楽しいライヴ盤に仕上がっています。

二人とも、ハードバップな伝統的なアプローチをベースにしており、二人が連弾すると、リズム&ビートが増幅されて、ダイナミックなドライブ感が生まれているところが見事。

フラナガン、バイアード共にそれぞれ3曲ずつソロ・ピアノも披露していますが、これまた、これが絶品。特に、バイアードのソロ・ピアノは、僕はこの盤が初めての体験で、なかなか興味深いソロ・ピアノを堪能しました。フラガナンのソロ・ピアノは当然「絶品」です。

フラガナンとバイアード、息の合ったプレイで、聴き応え十分です。正式なライヴ録音では無かったらしく、音は「中の下」で、クリアな雰囲気に欠けるところがありますが、フラガナンとバイアードのデュオ演奏の楽しさが、その「音の悪さ」をカバーしてくれています。ジャズ・ピアノ好きのジャズ者中級者以上の方々にまずはお勧めかな。

 
 

大震災から2年半。決して忘れない。まだ2年半。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ハバードの変わり種アルバム | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・9 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53556224

この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・27:

« ハバードの変わり種アルバム | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・9 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ