最近のトラックバック

« 「サルサ&カリビアン」な雰囲気 | トップページ | むっちゃ硬派なチックである。 »

2013年10月30日 (水曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・10

2006年の初夏。iTMS(iTunes Music Store)をブラブラしていて見つけた。ジャズのコーナーの広告の画像を見て「可愛いな〜」。こんなに可愛い女の子がフュージョン・ジャズを、しかも、アルト・サックスやっているんや、と思いながら、彼女のアルバム一覧に行き着く。

でも、可愛いだけでは困る。彼女のアルトって、どれくらいのもんやろ、と思って、当時の最新アルバムの冒頭の曲を試聴してみる。当時の最新アルバムとは、小林香織『FIne』(写真左)。

試聴してみると、おおっ、意外とアルトをしっかり吹いているではないか。しっかりと吹ききっているので「アルト・サックスは管楽器の1種です」ということが良く判る。ブラスの輝きが、真鍮の輝きが、音を通じて判るのだ。これは管楽器を吹く者の基本中の基本。簡単そうに見えて、なかなか難しい。

そりゃ〜テクニックなど、細かいこと言うと色々あるんでしょうけど、ええんやないかな。アルトをしっかり吹ききって、しっかりとアルトの音、真鍮の響きを奏でているこのアルバムは、それだけで楽しいものだ。管楽器の音が良い音している、って大切なことだ。

ということで、即全曲ダウンロード。まずは冒頭の「キラキラ」という曲。この曲、とにかく爽やかで楽しい1曲だ。小林のアルトが奏でる出だしのフレーズが実にキャッチャーで印象的で楽しい。この出だしのフレーズ一発で、このアルバムの内容は保証されたようなもの。
 

Fine_kaori_kobayashi

 
ちょっとゆったりと、天気の良い昼下がりを散歩して歩いてるような、落ち着いた、それでいてワクワクするようなテンポで、爽やかにアルトのフレーズが駆け抜けていく。

バック・メンバーは、笹路正徳(kb)、村上"ポンタ"秀一(ds)、野村義男(g)、土方隆行(g)、日野賢二(b)、岡沢章(b)、カルロス菅野(perc)、さかいゆう(vo)。そして、スペシャル・ゲストとして、日野皓正(tp)。錚々たるメンバーが彼女をサポートする。いやはや、日本の腕に覚えのあるジャズメン大集合である(笑)。

なるほどね、ドラムスが、村上"ポンタ"秀一か。どうりで、ドラムのリズム&ビートが「只者では無い」筈である。タイトでガッチリとしていて、素晴らしいバランス感覚、加えて、実にハイテクニックなドラムには、思わず耳をそばだてる。このアルバムで、小林が気持ちよくアルトを吹ききっているのも、村上"ポンタ"秀一を始めとするリズム・セクションが優秀だからだと思われる。

晩秋の音楽喫茶『松和』の昼下がりに、晩秋の午後の陽射しを愛でながら、部屋の中で読書でもしつつ耳を傾ける。そんなシチュエーションにピッタリなアルバムかと思います。

とにかく、楽しくて爽やかで内容のある、上質のフュージョン・アルバムだと思います。難しいことは考えず、リラックスして聴いて欲しい、そんなアルバムです。

 
 

大震災から2年7ヶ月。決して忘れない。まだ2年7ヶ月。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 「サルサ&カリビアン」な雰囲気 | トップページ | むっちゃ硬派なチックである。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53772488

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・10:

« 「サルサ&カリビアン」な雰囲気 | トップページ | むっちゃ硬派なチックである。 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ