最近のトラックバック

« 邦題に惑わされてはいけない | トップページ | ウエスはライブで輝きを増す »

2013年9月21日 (土曜日)

秋の夜長にジャズ・ギターの音色

昨日、ジョージ・ベンソンのライブ盤について語った折、ジャズ・ギターの雄、今は亡きウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)の名前が出てきて、突如として、このウェス・モンゴメリーが聴きたくなった。

先週の3連休の台風来襲から台風一過を境に、一気に秋の気配が濃厚になりました。夜になると、いつの間にか虫の声が賑やかになりました。そんな秋の夜の空気には、ジャズ・ギターのシンプルな音色が映えます。秋の夜長にジャズ・ギターの音色が良く似合う。

『The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery』(写真左)。ウェス・モンゴメリーと言えば、まずはこのアルバムでしょう。1961年1月26〜27日の録音。ちなみにパーソネルは、Wes Montgomery (g), Tommy Flanagan (p), Percy Heath (b), Albert Heath (ds)。ウェス・モンゴメリーの最高潮の時期のアルバム。

彼の個性である「親指によるピッキング」「オクターブ奏法」「コード奏法」が随所に散りばめられており、このアルバムは、ウェスのギター・テクニックの「ショーケース」のようなアルバムでもある。
 

The_incredible_jazz_guitar_3  

 
ジャズ・ギター界を、オクターブ奏法という革命的な奏法で震撼とさせながらも、そのプレイの余りの革新性が故に、とうとう正統なフォロワーが一人も現れなかったという、孤高のギタリスト。ワン・アンド・オンリーな存在がここにある。

このアルバムに収録されているどの曲もが優れた演奏で、ただただ手放しで褒めるのみ。冒頭「Airegin」における、あまりに素晴らしく、口をあんぐり開けてしまいそうな、それはそれは素晴らしい超絶技巧のテクニック。

2曲目「D-Natural Blues」や5曲目「West Coast Blues」での、ご機嫌でノリの良い、黒光りするブルース・フィーリング。そして、3曲目の「Polka Dots and Moonbeams」でのオクターブ装法によるバラード演奏、ラストの「Gone With the Wind」での歌心溢れるフレーズ。

ジャズ愛好家の方々から「出来が良すぎて面白くない」という変な評価を時々いただくアルバムであるが、ジャズ初心者の方に、ジャズ・ギターの代表的な演奏を思いっきり感じてもらえる、素晴らしい名盤だと思います。

ジャケットのウェス・モンゴメリーの顔写真が、ちょっと「いかつい」ですが、ビビらずに手にとってみて下さい。

 
 

大震災から2年半。決して忘れない。まだ2年半。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 邦題に惑わされてはいけない | トップページ | ウエスはライブで輝きを増す »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53340990

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長にジャズ・ギターの音色:

« 邦題に惑わされてはいけない | トップページ | ウエスはライブで輝きを増す »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ