最近のトラックバック

« ウエスはライブで輝きを増す | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・7 »

2013年9月23日 (月曜日)

ちょっと入手しにくいけれど...

一昨日から、ジャズ・ギターの雄、ウェス・モンゴメリーの特集の様な展開になっている、我がバーチャル音楽喫茶『松和』のブログですね(笑)。秋の夜長にはジャズ・ギターの音色が良く似合うということで、今日もウェスのアルバム紹介です。

ウェス・モンゴメリーの個性である「親指によるピッキング」+「オクターヴ奏法」+「コード奏法」を心ゆくまで感じ取れ、心ゆくまで楽しめるアルバムがもう一枚あります。ちょっと手に入れにくいCDなんですが、ウェス・モンゴメリーのライブの神髄を感じるには欠かせないアルバムだと思うので、ここでご紹介しておきます。

そのアルバムとは、Wes Montgomery『Solitude』(写真左)。1965年3月、パリでのライブ録音。ウェス・モンゴメリーのグループは、パリのファンから大歓迎を受けました。

このコンサートは、ORFT(Organisation de Radio et Television de France)、つまり 「フランス国営ラジオ・テレビ機構」が収録・放送に係わったというのは、有名な話である。大衆音楽としてのジャズでは無く、芸術としてのジャズとして受け入れられた訳ですね。
 

Wes_solitude

 
当然、ウェスをはじめ、演奏メンバーからすると嬉しいし、気合いが入る。このライブのメンバー構成は、Wes Montgomery (g)、Harold Mabern (p)、Arthur Harper (b)、Jimmy Lovelace (ds)、Johnny Griffin (ts) というクインテット構成。当時29歳の雄弁な若手ピアニスト、ハロルド・メイバーンの参加が目を惹きます。

このメンバーこの環境で、演奏内容は良いに決まってるいますよね。アルバム構成は2枚組みなんですが、冗長なところは全く無く、余計な贅肉のようなアレンジも無し。シャープでノリノリの演奏が繰り広げられています。

ライヴ・アルバムでグリフィン参加。このライブ盤『Solitude』って、そうそう、昨日ご紹介した、あのウェスの驚異的なテクニックを堪能出来るライブ名盤『フル・ハウス』の続編みたいなもんですから、その内容については「推して知るべし」でしょう。

良いですよ。このアルバム。ウェスのギターが好きになったら、手に入れにくいアルバムではありますが、頑張って手に入れてみて下さい。それだけの価値があるアルバムです。

 
 

大震災から2年半。決して忘れない。まだ2年半。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ウエスはライブで輝きを増す | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・7 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53362661

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと入手しにくいけれど...:

« ウエスはライブで輝きを増す | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・7 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ