最近のトラックバック

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・7 | トップページ | アキコ・グレースのセカンド盤 »

2013年9月25日 (水曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・8

この季候の良い季節の昼下がり、読書しながら、お茶を飲みながら、耳を傾けるにちょうど具合の良いジャズは「ピアノ・トリオ」。

多々ある「ピアノ・トリオ」の中で、今回のアルバム選定のポイントは、バーチャル音楽喫茶『松和』のマスターがお勧めする「過ごしやすい秋の昼下がりにピッタリの、ちょっとマニアックな女性ジャズ・ピアニスト」。今日は昨日に続き2人目のご紹介。

今日はRachel Z(レイチェルZ)。レイチェルZの本名は「レイチェル・C・ニコラッソ」。アメリカはNYの生まれ。バークリー音楽大学、ニュー・イングランド音楽院を経て、プロデビュー。80年代末に、マイク・マクニエリに認められて、人気フュージョンバンド、ステップス・アヘッドのメンバーとなって、認知度が飛躍的にアップした。しかし、日本盤としてのアルバムリリースがほとんど無いことが影響して、日本での認知度は今も「イマイチ」。

続いて1995年、ウェイン・ショーターの7年ぶりの新作となった「ハイ・ライフ」に全面参加。このアルバムの中でのレイチェルZは、キーボードとオーケストレーションを担当、高い評価を受けている。また、このショーターのアルバムは、グラミー賞のベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバムを受賞し、更にレイチェルZ自身の評価も高まった。

さて、そんなレイチェルZが、2003年夏にリリースしたピアノ・トリオ盤がこの『First Time Ever I Saw Your Face(邦題:愛は面影の中に)』(写真左)である。2003年4月の録音。ちなみにパーソネルは、Rachel Z (p), Nicki Parrott (b), Bobbie Rae (ds)。

アルバム名の「愛は面影の中に」は、1971年、ロバータ・フラックがヒットさせたグラミー賞受賞曲。今回ご紹介するこのアルバムの最大の特徴は選曲のユニークさ。ロック系アーティストの楽曲を中心とした選曲は、とにかく取っつきやすいし、聴きやすい。

アルバムの冒頭を飾る「Time To Say Goodbye」は、オルタナティヴ・ロックの人気バンド、ニルヴァーナの1993年作『イン・ユーテロ』収録曲。2曲目の「Crestfallen」は、1990年代を代表するシカゴのオルタナティヴ・バンド、スマッシング・パンプキンズ、1998年の『アドア』収録曲。3曲目の「Fragile」は、ジャズミュージシャンの間での人気曲で、近年、ジャズ・スタンダード化されつつある、スティングの名曲。
 

Rachelz_first_time

 
4曲目「In The Wee Small Hours Of The Morning」は、かの名ボーカリスト、フランク・シナトラの名唱で有名なジャズ・スタンダード曲。5曲目の「First Time Ever I Saw Your Face(愛は面影の中に)」は、先に挙げたように、1971年ヒットのロバータ・フラックの名曲。

6曲目の「Hurt」は、ヘビーなロックサウンドが特徴のナイン・インチ・ネイルズの曲。7曲目は、アンドレア・ボッチェリの歌でヒット、日本ではサラ・ブライトマンの名唱で知られるナンバー。8曲目「Autumn Leaves」は言わずもがなのジャズ・スタンダード(笑)。9曲目の「Don't Give Up」は、元ジェネシスの鬼才ピーター・ガブリエルの1986年の代表作「ソー」収録。

と、9曲中7曲までが、ロック・ポップス畑の優秀曲をカバー・アレンジしているわけで、なかなかに面白く、なかなかに聴き応えがある。ジャズ・スタンダードばかりだと、なんだかマンネリしているようで飽きやすいが、この様に、ロック・ポップス畑の最近の優秀な楽曲からのセレクトだと、旋律の響きがまず新鮮でワクワクする。

しかしながら、ロック・ポップス畑の最近の優秀な楽曲からのセレクトは、その楽曲を基にした、かなりのアレンジ能力が必要となり、どこの誰でもが、最近のロック・ポップスの楽曲をジャズに取り入れることが出来るわけではない。

そういう点で、このレイチェルZのトリオ盤のアレンジは実に優れている。ロック・ポップス畑の優秀曲を、実に旨くアレンジしている。「どこかで聴いたことのある旋律だ」と思うんだが、この演奏の元曲はこれですよ、って教えてもらわないと判らないくらい、上手くジャズ化しているのだ。しかも、曲の選択が良いのだろう、どの曲も実に聴き易く出来ている。

レイチェルZのピアノについて一言。テクニックでピラピラ聴かせるタイプでも無く、メリハリをつけるために「ガゴーン、ズゴーン」とパワーで突っ走るタイプでも無く、レイチェルZのピアノは、ピアノの幅、いわゆるスケールで聴かせるピアノだ。演奏の幅の広さと奥行きと響きで聴かせる、実に味のあるピアノ。それと、最後になるが、ドラムのボビー・ラエがとても素晴らしいことを付け加えておく。

この季候の良い季節の昼下がり、新鮮な響きのするピアノ・トリオ。意外とオツなモノですよ。

 
 

大震災から2年半。決して忘れない。まだ2年半。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・7 | トップページ | アキコ・グレースのセカンド盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53386086

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽喫茶『松和』の昼下がり・8:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・7 | トップページ | アキコ・グレースのセカンド盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ