最近のトラックバック

« Coco d'Or in SUMMER | トップページ | メルドーを感じるに最適な盤 »

2013年8月29日 (木曜日)

胸のすくようなハード・バップ

胸のすくような「ハード・バップ」、ハード・バップの究極形のひとつ「モード・ジャズ」の優れた内容の一枚。このアルバムを初めて聴いた時、思わず唸った。そして、そう感じた。

このアルバムを初めて聴いた時、聴き進めるにつけ、あれっ、と思う。その優れた内容ゆえ、リリース当時は、このアルバムの演奏は、米国東海岸の優秀どころのセッションだと決めつけて聴いていた。

が、聴き進めるうちに、そこはかとない繊細感、キッチリと折り目正しいユニゾン&ハーモニー、細部にまで行き届いたテンション、絶妙な間の取り方、どれもが何だか日本人の演奏みたいやなあ、と思い、なんと素晴らしい米国東海岸の優秀どころのセッションなんだ、と思ってパーソネルを見たら、なんと日本人のセッションでした(笑)。嬉しい驚きでした。

そのアルバムとは、森山威男『hush-a-bye』(写真左)。1978年2月27日の録音。ちなみにパーソネルは、小田切一己(ts, ss), 板橋文夫(p), 望月英明(b), 森山威男(ds), 向井滋春(tb)。当時の森山威男のレギュラー・グループに向井滋春が客演したクインテット構成。

実に内容のある素晴らしいモーダルな演奏だと思います。実に硬派で、実に硬質なハード・バップがアルバム全編で繰り広げられます。ドラマーの森山威男がリーダーで、このドラマーのリーダーの下、非常に優れたグループ・サウンドが展開されます。森山威男のリーダーシップの成せる技でしょう。
 

Hash_a_bye_2  

 
板橋文夫のピアノが個性的で良い。鬼気迫るテンションで、モーダルなフレーズとモーダルなビートを弾きまくる。ハービー・ハンコックのモーダルなピアノに、日本人の感性を注入したようなピアノ。素晴らしいテクニックと凄まじいテンションで、弾きまくる板橋文夫。このアルバムでの聴きどころのひとつです。

向井滋春のトロンボーンも良い。純ジャズな向井滋春のトロンボーンは素晴らしい。テクニック、展開、歌心、いずれも申し分無く、ブリブリブリとトロンボーン独特の「煌めく様なブラスの響き」に感じ入る。単純に上手いなあ、と感心する。そして、日本人として、なんだか胸を張りたくなる。

サックスの小田切一己も良い。しかし、この小田切一己、31歳の若さで亡くなってしまった。このアルバムは、29歳の時の録音。このアルバムの録音の2年後、小田切一己は鬼籍に入ってしまった。実に残念である。

勿論、ドラムの森山威男、ベースの望月英明も良好です。というか、素晴らしいです。二人のリズム&ビートのドライブ感は、日本人ジャズの最高峰のひとつでしょう。米国や欧州のジャズには無い、細部にまで行き届いたテンション、絶妙な間の取り方が個性です。特に、米国ジャズでは、このリズム&ビートは出せない。

ジャケット・デザインも懐かしい。この飛行機の翼のアップをあしらったデザインは、発売当時から大のお気に入り。ちょっとジャズらしからぬデザインではあるが、このアルバムの演奏内容にフィットしてはいますね。このジャケットは、LPサイズで持っていたい、とても見栄えのするデザインです。ジャケ買いOKですね(笑)。

 
 

大震災から2年5ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。 
 

« Coco d'Or in SUMMER | トップページ | メルドーを感じるに最適な盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/53075351

この記事へのトラックバック一覧です: 胸のすくようなハード・バップ:

« Coco d'Or in SUMMER | トップページ | メルドーを感じるに最適な盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ