最近のトラックバック

« 『Getz / Gilberto』生誕50周年 | トップページ | こんなアルバムあったんや・22 »

2013年8月 3日 (土曜日)

硬派で質実剛健なボサノバ・ジャズ

どうしても夏の夜はボサノバ・ジャズを選んでしまう。そんな中でも、今日は硬派な内容のHank Mobley『Dippin'』(写真左)。「モブレーのボサノバ」として、当時大ヒットした「リカード・ボサノバ」がある。その「リカード・ボサノバ」を収録した人気盤がこの『ディッピン』。

1965年6月の録音。ちなみにパーソナルは、Hank Mobley (ts), Lee Morgan (tp), Harold Mabern Jr.(p), Larry Ridley (b), Billy Higgins (ds)。1965年と言えば、ボサノバ・ジャズのブームも定着し、ビートルズを始めとするロック・ミュージックが台頭。ジャズが大衆音楽の範疇から少しずつ外れ始めた、そんな微妙な時代である。

なぜか世間では「B級テナー」と呼ばれるハンク・モブレー。「B級テナー」という評価はジョン・コルトレーンやソニー・ロリンズなどの超一流の偉大なるテナーマンほどではない、ということらしいが、なんだか蔑んでいるようで、僕は好きではない。

評論によっては、ご丁寧に「B級テナー」と表現の後に「蔑称ではない」なんていう言い訳をつけている(苦笑)。だったら「B級テナー」という表現は使わなければ良いのに・・・。

話を元に戻そう。ハンク・モブレーは、ハードバップ・ジャズの中では中堅をなすテナーマンで、その歌心溢れるテナーで人気のジャズマンである。初期の頃は、バリバリのハード・バップを演っていたが、 1960年代に入ると、ジャズ・ロックやモード・ジャズの時流に乗って、ジャズ・ロックあり、ボサノバあり、モード・ジャズあり、と変幻自在の演奏を繰り広げるようになる。
 

Dippin

 
しかし、彼のテナーの 最大の特徴である「歌心」は、どの演奏スタイルにもしっかりと存在していて、そのテナーの音を聴くと、直ぐにモブレーと判るのだ。

そんな中、「モブレーのボサノバ」として、当時、大ヒットした名曲として「Recado Bossa Nova(リカード・ボサノバ)」がある。この曲、Luiz AntonioとDjalma Ferreiraの作なのだが、モブレーのオリジナルかの様に、モブレーはこの曲を自分のものにしている。

しかも、この「リカード・ボサノバ」、確かにボサノバ・ジャズなのだが、良くある、単に柔らかな心地の良いソフトなボサノバ演奏では無く、なんというか、実に「硬派」なボサノバなのだ。

前奏の始まりから香しきハード・バップの雰囲気を漂わせ、続くモブレーのテナー、リー・モーガンのペットでのユニゾンによるテーマ部分も、実にハード・バップの香りが充満していて、とてもとても「ジャズしている」。

その後続く、モブレーのテナー・ソロも、モーガンによるペットのソロも、全てが「ハード・バップ」していて心地良い。単に、当時、流行だったボサノバをなぞって、ポップに演奏するのではなく、ベテラン・ジャズマン達が、流行のボサノバを十分に自分のものとして消化し、その優れたテクニックとアレンジで、ハード・バップに転化しつつ、実に「硬派な」ボサノバに仕立て上げている。

さすがブルーノート、こんな「硬派な」ボサノバ・ジャズもあるのですね。他の曲についても、ジャズ・ロックあり、モード・ジャズありで、当時の複雑多岐に渡るジャズの環境が垣間見えて、結構、楽しめるアルバムです。

 
 

大震災から2年4ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 『Getz / Gilberto』生誕50周年 | トップページ | こんなアルバムあったんや・22 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/52727687

この記事へのトラックバック一覧です: 硬派で質実剛健なボサノバ・ジャズ:

« 『Getz / Gilberto』生誕50周年 | トップページ | こんなアルバムあったんや・22 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ