最近のトラックバック

« 「癒し系」の女性ボーカル | トップページ | アーサー王と円卓の騎士たち »

2013年7月 5日 (金曜日)

大フュージョン・ボーカル大会

日本で人気のジャズ・ボーカリスト、ケイコ・リーの通算8枚目のアルバム『愛の奇蹟(Wonder of Love)』(写真左)。ジャケットが格好良い。ヒップ・ハングのジーンズをまとったリーが、とにかく、セクシーでエネルギッシュ。これ、LPサイズだったら迫力あったろうなあ(笑)。

ジャケットはアルバムの内容を語るというが、まさにこのアルバムは、ジャズ・ボーカリストの範疇だけでは留まらない、ジャズはもとより、R&Bあり、バンプあり、ロックンロールありの、敢えて言えば、大フュージョン・ボーカル大会の傑作。

まず、冒頭、アカペラで歌うタイトル曲が格好良い。この調子、アカペラ中心でムード良く進むのかと思いきや、2曲目の「ピンク・キャデラック」でガツンとかませてくれます。ナタリー・コールの1988年のヒット曲のカバーでギンギンのロック調。これがまあ、凄い。普通のジャズ・ボーカリストでは無い。聴かせてくれる。

ここまでで、既に梅雨の蒸し蒸し解消、ストレス解消。とにかく、この2曲目はリーのボーカルも、バックのドキドキ・モンスターズの演奏もスゲー格好良い。そう、このドキドキ・モンスターズが凄い。ちなみにパーソネルは、吉田次郎 (g), 野力奏一 (p,key), 坂井紅介 (b), 渡嘉敷祐一 (ds)。名うての曲者揃い。実は、このアルバム『愛の奇蹟』全編に渡って、この「おっちゃん」達の演奏が実に「濃い」。
 

Wonder_of_love

 
3曲目は、 ジョージ・ベンソンの懐かしいヒット曲「ダーン・ユア・ラヴ・アラウンド」は、ベンソン譲りのソフト&メロウなムード。続くランディ・クロフォードの「アルマズ」はしっとりと歌い上げる珠玉のバラード。ノリノリのロックあり、落ち着いた大人のムード漂う上質なフュージョンあり、実に楽しいボーカル盤である。

あともう一つ、隠れたお勧めは、TLCをカバーした12曲目の『ウォーターフォールズ』。ケイコ・リーのディープ・ボイスが映える。そして、ラストの「グッド・ナイト」がしみじみして良い。夜、床に入る前のひとときにピッタリのラスト曲。

ほかにも、コモドアーズ、スティーヴィー・ワンダー、イヴァン・リンス、ホイットニー・ヒューストンらのヒット曲を実に格好良く歌っている。1970年代以降のポップス曲が中心なのだが、すべて学生時代に、ケイコ・リーが良く聴いたものなのだとか。この人はこういう曲を聴いて育ったのか、と思わず親近感。同じ世代ですね。

本格的ジャズ・シンガーと評されることの多いケイコ・リーだが、そういう既成概念をぶち壊す、様々な魅力が散りばめられて立派だ。逆に、昔ながらのジャズ・ボーカルからすると、掟破りのボーカル盤である。掟破りではあるが、僕はこのフュージョン・ボーカルが大好きだ。長年の愛聴盤です。

 
 

大震災から2年3ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 「癒し系」の女性ボーカル | トップページ | アーサー王と円卓の騎士たち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/52327053

この記事へのトラックバック一覧です: 大フュージョン・ボーカル大会:

« 「癒し系」の女性ボーカル | トップページ | アーサー王と円卓の騎士たち »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ