最近のトラックバック

« ジャズとディズニー曲との相性 | トップページ | 「癒し系」の女性ボーカル »

2013年7月 3日 (水曜日)

ブルーノートのボサノバ・ジャズ

ボサノバ・ジャズの最初のビッグな流行は1962年から始まった。1962年11月21日に、カーネギー・ホールでボサノヴァのコンサートが行われ、ジョアン・ジルベルト、カルロス・リラ、セルジオ・メンデス等が出演。一方、スタン・ゲッツは、チャーリー・バードと共に録音した『ジャズ・サンバ』をビルボード誌のポップ・チャート1位に送り込んだ。

以降、ボサノバとジャズの融合は続く。1960年代中頃まで、著名なジャズ・ミュージシャンはこぞって、ボサノバ・ジャズに手を染めた。流行に滅多に流されない、逆に流行を最先端で創り出す立場にあった、かの帝王マイルス・デイヴィスですら、ボサノバ・ジャズのアルバムをギル・エバンスとの合作でリリースしたりしている。

とまあ、この1960年代のボサノバ・ジャズのブームの勢いは凄まじく、ボサノバの本質を理解し、ジャズの本質や個性とアーティスティックに融合させた立派な内容のもののあれば、流行に乗って売れれば良い、って感じのコマーシャルな面だけを追求した内容の乏しいものまで、玉石混淆としていた。

そんな流行の中、かのジャズの老舗レーベル、ブルーノートもボサノバ・ジャズに手を染めるのであるが、さすがはブルーノート、流行に流されること無く、コマーシャルに走ることも無く、内容的にも立派な、アーティスティックなボサノバ・ジャズをリリースしている。この時代のブルーノートのボサノバ・ジャズに駄作は無い。

例えば、この4119番の、Charlie Rouse『Bossa Nova Bacchanal(ボサノバ・バッカナル)』(写真左)などが良い例だ。1962年11月の録音というから、ボサノバ・ジャズの最初の大ブームの真っ只中の盤。ブルーノートのボサノバ・ジャズって、しっかりとジャズしていて、決して俗っぽく無い。
 
Bossanova_bacchanal
 
チャーリー・ラウズは、かの個性派ピアニストの最右翼、セロニアス・モンクの長年のパートナーで、セロニアス・モンクのピアノに最も合ったテナーサックス奏者である。端正で歌心溢れるテナーで、かっちりと筋の通ったブロウが特徴であり、ジャズ・テナーにありがちなウェットでセンチメンタルな雰囲気は皆無、実に誠実で素直なテナーが特色。

そのラウズが、その誠実で素直なテナーで、当時、大流行していた「ボサノバ」をテーマに吹き込んだ、コンセプト・アルバムがこのアルバムである。ラウズのボサノバ・ジャズって実に誠実で、当時、コマーシャルに走ったアルバムにありがちな「ラフでいい加減で適当な」感じの手合いでは無い。

ラウズ自身の個性をしっかり活かしながらのボサノバ・ジャズなので、なんだか、それぞれのボサノバの曲自体が、ラウズの手にかかると「ちょっと格調高い」雰囲気が添加されて、実にアーティスティック。演奏全体の雰囲気も端正かつ誠実で、その清々しさが実に好ましい。僕は、このラウズの『ボサノバ・バッカナル』を聴くと、その端正かつ誠実な雰囲気に、「よっしゃ!」と気合いが入る感じがします。

選曲も実に誠実で、売れ筋の有名曲は、4曲目の「Samba De Orfeu」の1曲のみ。ライナーノーツによると、ラストのラウズの自作曲「One for Five」を除けば、他の曲は、ボサノバとして著名な、ボサノバの本質を理解するのに最適な、ボサノバとしての優秀曲をラウズ自らが選曲したそうです。

このアルバム、以前、東芝EMIより、紙ジャケ+ルディ・バン・ゲルダーのリマスターで再発されました。これが絶品の音。やはり、ブルーノートの諸作を聴くには、ルディ・バン・ゲルダーのリマスター盤が最適です。是非とも、ルディ・バン・ゲルダーのリマスター盤を入手してお楽しみ下さい。
 
 
 

大震災から2年3ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズとディズニー曲との相性 | トップページ | 「癒し系」の女性ボーカル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/52295490

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノートのボサノバ・ジャズ:

« ジャズとディズニー曲との相性 | トップページ | 「癒し系」の女性ボーカル »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ