最近のトラックバック

« ブルーノートのボサノバ・ジャズ | トップページ | 大フュージョン・ボーカル大会 »

2013年7月 4日 (木曜日)

「癒し系」の女性ボーカル

梅雨もたけなわ、ハッキリしない天気が続きます。湿度も気温も高くなってきて、身体が慣れなくて、ちょっとしんどい思いをしている方々も多いのでは無いでしょうか。この季節は体調管理に気を遣います。

そんな時、ボーカルのジャンル言葉としてしっかりと定着した、いわゆる「癒し系」の女性ボーカルで、心を休めるというのもひとつの手ではあります。例えば、近年、女性ジャズ・ボーカリストとして人気を定着させた英国の女性歌手、ステイシー・ケントのバラード集などが、我がバーチャル音楽喫茶『松和』で、この季節にはよくかかります。

Stacey Kent『Dreamsville』(写真左)などがお気に入りの一枚でしょうか。ステイシー・ケントが2000年に録音した、自身のリーダー作の第4作目です。

「癒し系」の女性ボーカルとは、簡単に言うと、ビリー・ホリディやカーメン・マクレエのように、低めの声で唸るような、こぶし豊かな、日本で言う「演歌系」のような本格派ボーカルではない、ナチュラルな歌い方で、ちょっとコケティッシュで、ちょっと可愛くて、それでいて仄かに色気漂う女性ボーカル。

こう書くと、なんだか「おやじ趣味」な感じがしないでもないが、変な「イヤらしさ」が全く無いので、すんなりと聴き通せてしまうところが、このステイシー・ケントのボーカルの役得なところ。
 

Stacey_kent_dreamsville

 
ステイシー・ケントは、もともとは、ニューヨーク出身の本格派ジャズ・ヴォーカリスト。このアルバムは彼女のキャリアの中でも意欲的な企画盤で、心休まるバラード集となっている。少々ハスキーでコケティッシュで甘酸っぱい彼女の歌声で、安らぎ系のバラードをたっぷりと堪能できるところが「癒し系」ボーカリストの称号を与えられた所以。

収録された曲を眺めて見ても、いやいや、なかなかスタンダードで魅力的なバラード曲がズラリと並んでいて、これはこれで壮観ですらある。決して受けの良い有名曲ばかりを選んでいる訳では無い。知る人ぞ知る、ちょっとマニアックなスタンダード曲も選曲されているところがこのアルバムの優れたところ。

バック・バンドも実に趣味の良いサポートで好感が持てる。特に、ステイシー・ケントの夫君である、ジム・トムリンソンのテナー・サックスが、力強くもジェントルなブロウで、ステイシーのボーカルを盛り立てているところが実に爽やか。

とにかく、柔らかで優しくて、ちょっと色気があって、なかなかに「癒される」のがこのアルバムのポイント。40歳を過ぎて公私ともに責任ある立場にたって「毎日がストレス」なんて人にお勧めの「癒し系」の女性ボーカルものです。若いジャズ者の方々には、ちょっと、物足りないかも。それでも、やっぱり「癒し系」の女性ボーカルが、この梅雨の季節、心休めるのにピッタリなんですよね。

 
 

大震災から2年3ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ブルーノートのボサノバ・ジャズ | トップページ | 大フュージョン・ボーカル大会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/52309968

この記事へのトラックバック一覧です: 「癒し系」の女性ボーカル:

« ブルーノートのボサノバ・ジャズ | トップページ | 大フュージョン・ボーカル大会 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ