« こんなアルバムあったんや・19 | トップページ | 清々しい『セイシェルズ』の登場 »

2013年7月15日 (月曜日)

シンプルでプログレなギターです

シングル・トーンで味のあるフレーズ。地味なようで、ツボを押さえたアドリブ。アドリブ・フレーズは、意外とプログレッシブで展開に思わず聴き耳を立ててしまう。そんな、玄人の玄人による玄人の為のギター、それが、ジム・ホールのギターだ。

初めて聴いたときは、なんだか地味でパッとしない、音もかなり穏やかなギターで「なんだ、このギターは、たいしたことないな」なんて思ってしまうんだが、これが大間違い。

聴けば聴くほど、深みがあるというか「こく」が出てくる。そして、ふっと濃いファンキーな芳しき香りが漂う、そんなギターを奏でるのがジム・ホール。

彼のキャリアを振り返ると、 ミュージシャンとしては、結構、不遇な時代が長く、リーダー作が少ないのが残念だが、その思いを払拭して余りあるのが、この『It's Nice To Be With You - Jim Hall iin Berlin』(写真左)だ。

なんと、このアルバムは、彼の2枚目のリーダー作である。1969年6月の録音。ちなみにパーソネルは、Jim Hall (g), Jimmy Woode (b), Daniel Humair (ds)。
 

Jim_hall_in_berlin_3

 
冒頭の「Up,Up and Away」。一聴すると地味めなギターなのだが、少しボリュームを上げて聴くと、実に熱い熱いギターがスピーカーから流れてくる。そう、ジム・ホールのギターを愛でるには、ある程度のクオリティのある、しっかりとしたオーディオ・セットが欲しい。そして、ちょっとボリュームを上げて聴きたい。

ベースのジミー・ウッドもドラムスのダニエル・ヒューマイヤーも、どっちかと言えば、ジャズ界では無名に近い、ベルリン界隈のローカル・ミュージシャンだが、これがまた素晴らしい演奏を繰り広げてくれるのだから、ジャズって裾野が広い。図太いベースライン、繊細でかつダイナミックで多彩なドラミング。バックが、更にホールのギターアドリブを盛り上げる。

3曲目の「Young One,For Debra」と6曲目の「IIn A Sentiimentall Mood」は、ジム・ホールのソロによる多重録音。ホールのシングル・トーンが冴える、ため息をつきたくなるような、耽美的な静謐感溢れるソロ。最近流行の「ヒーリング感」が溢れるような、人の心に優しい演奏だ。

今をときめくジャズ・ギタリストのキーマンの一人、パット・メセニーが、お気に入りの一番に挙げるジャズ・ギタリスト、それがジム・ホールなのだ。なんだかパットの気持ちが良く判るなあ。そんな気にさせてくれるナイスなアルバムです。

 
 

大震災から2年4ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。 
 

« こんなアルバムあったんや・19 | トップページ | 清々しい『セイシェルズ』の登場 »

コメント

このギタリストはアルバムの差が大きいのでしょうか…

私の持って居たアルバム2枚は今、BOOKOFFの棚の中に有ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンプルでプログレなギターです:

« こんなアルバムあったんや・19 | トップページ | 清々しい『セイシェルズ』の登場 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー