最近のトラックバック

« ほわほわ不思議なボサノバ | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・44 »

2013年7月 9日 (火曜日)

ユニークで新鮮な感覚のボーカル

ジャズの中で、ビッグバンド・ジャズとジャズ・ボーカルは、かなり後回しにした。ジャズをメインに聴き始めて、今年で37年になるが、ビッグバンド・ジャズとジャズ・ボーカルは10年ほど前から、しっかりと聴き始めた。

そのせいかもしれないが、ビッグバンド・ジャズもジャズ・ボーカルも、普通のジャズ盤紹介本に必ず出てくる、絶対にこれは外してはならない、という定番というか大御所というか、そういう有名盤、有名ミュージシャンに囚われることが無くて、あまり頑張って聴くことが無い。どちらかと言えば、自分の感性のまま、これは、という盤を聴いてきた。

例えば、このアルバムもiTunesで試聴して、即ゲットである。土岐麻子『Standards On the Sofa』(写真左)。このアルバム、ボーカリストの声が良い。副題は「土岐麻子ジャズを歌う」。

このアルバムで、土岐さんのボーカルを初めて聴いたが、この土岐さんの声は実にユニーク。言葉で言い表すには、適当な言葉が見あたらないが、感覚的に言うと「くしゅっ、ふんわり、ふにゃふにゃ」。

優しく癖が無く、安らぐような真っ直ぐな声。軽いスイング感とヴィブラートを乗せ過ぎない素直な歌唱。加えて、土岐さんのボーカルには、ほのかなコケティッシュさを感じて、そこがまた「良い」。

CDのスイッチを入れるやいなや、いきなり飛び込んでくる、ちょっと高めでふんわりした女性の声。 おおっ可愛いではないか、って感じ。おじさん族にはとっては、かなりヤバイですねえ(笑)。軽くて、ふんわりして、ふにゃふにゃ唄っている、そのユニークな雰囲気に、ついニヤニヤしてしまう。
 

Standards_on_the_sofa

 
さて、唄われている歌のリストに目をやると、ローリング・ストーンズの『(I Can't Get No) Satisfaction』、マイケル・ ジャクソンの『Human Nature』、スティービー・ワンダーの『Another Star』などをカバーしており、これが、なかなかに秀逸な出来。

特に、ローリング・ストーンズの『Satisfaction』はユニーク。 この土岐さんの「くしゅっ、ふんわり、ふにゃふにゃ」なボーカルで、かのストーンズの『Satisfaction』 を唄うのだ。
 
もうそれはそれは、オリジナルの硬派的な雰囲気はブッ飛んで「くしゅっ、ふんわり、ふにゃふにゃ」した『Satisfaction』が展開される。それはもうユニークで、新鮮な感覚そのもの。

間奏に入って、実に良い感じのサックスが入りますが、サックスを吹いているのは、土岐さんのお父さんである土岐英史さん。「くしゅっ、ふんわり、ふにゃふにゃ」なボーカルにメロメロになった聴き手にガツーンと硬派なテナーの一発。そんな感じの土岐秀史さんのサックス。これがまた素敵なのだ。

そして、ラストのボーナストラック、バリー・ホワイト&ラブ・アンリミッテド・オーケストラの演奏で有名な『Play Our Love's Theme(愛のテーマ)』のカバーが秀逸。ラストのこの曲、70年代、リアルに聴いてきた僕達にとってはグッときますね。JALの提供による、あの深夜のFM放送「ジェットストリーム」で、テーマ曲ではありませんが、よく流れていた曲です。懐かしいなあ。

夏真っ盛り。じりじり暑い昼下がり。エアコンの効いたカフェで、本でも読みながら、涼しげな海の写真でも眺めながら、じんわり耳を傾けるのにピッタリな、そんなライトな感覚が素晴らしいボーカル・アルバムです。

 
 

大震災から2年3ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ほわほわ不思議なボサノバ | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・44 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/52380962

この記事へのトラックバック一覧です: ユニークで新鮮な感覚のボーカル:

« ほわほわ不思議なボサノバ | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・44 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ