« 夏と言えば「スチール・ドラム」 | トップページ | ジャズとディズニー曲との相性 »

2013年7月 1日 (月曜日)

クロスオーバーなボサノバ・ジャズ

このところ、ボサノバ・ジャズのブームが続いています。この季節になると、ボサノバ・ジャズをピックアップして、集中してリイシューされるほどです。世知辛くて、不安定な時代、「癒し系」のジャンルとして、ボサノバ・ジャズは脚光を浴びているのでしょうか。

ということで、今月から、ボサノバ・ジャズのお気に入りアルバムを時々ピックアップして、このブログでご紹介していこうかと思います。で、今日は、Antonio Carlos Jobim『Tide(潮流)』(写真左)を採り上げてみました。

ボサノバ・ジャズの巨匠と言えば、やはり、アントニオ・カルロス・ジョビン。ジャズ界に、ボサノバ・ブームを呼び込んだのは、テナーのスタン・ゲッツと、ボサノバの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビン。ボサノバ・ブームの発端は1964年の出来事だった訳だが、このアルバムは1970年の録音。ボサノバ・ジャズのブームが遠く去った時期の録音なんだが、これがなかなかの内容なのだ。

ジャズ界は、既にフュージョンの先駆けであるクロスオーバーのブームを迎えつつあって、このジョビンのアルバムは、そのクロスオーバー・ジャズ風のアレンジを全面に押し出したボサノバ・ジャズの名盤と言える。クロスオーバー・ジャズ風のアレンジを施されたボサノバ。これが意外と個性的で癖になる。
 

Carlos_jobim_tide

 
出だしの1曲目は、ボサノバの名曲「イパネマの娘」。この名曲をクロスオーバー・ジャズの寵児、デオダートがゴージャスに編曲したインスト・ヴァージョン。いやいや〜、これがなかなかに心地良いのだ。

ボサノバというフォーマットは、様々なジャンルのアレンジに柔軟に対応するみたいなんだが、このクロスオーバー・ジャズ的なアレンジの「イパネマの娘」、純ジャズ等、他のアレンジよりも、ずっとボサノバの旨味を引き出している。以降、デオダートのアレンジが全開で、どれもがゴージャスな、クロスオーバー・ジャズ風のアレンジを施されたボサノバ・ジャズのオンパレード。

純ジャズとは違って、リラックスして普段着感覚で聴き込めるような、そんな「ゆったりとした」ボサノバ・ジャズです。夏の夜、エアコンの効いた部屋で本を読みながらのBGMに、夏の朝、爽やかな朝風が吹き抜ける中、朝食を採りながらのBGMに、生活の中のボサノバ・ジャズって雰囲気が素敵なアルバムです。

 
 

大震災から2年3ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 夏と言えば「スチール・ドラム」 | トップページ | ジャズとディズニー曲との相性 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスオーバーなボサノバ・ジャズ:

« 夏と言えば「スチール・ドラム」 | トップページ | ジャズとディズニー曲との相性 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー