最近のトラックバック

« ジャズ寄りのジョージ・ベンソン | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その17 »

2013年7月25日 (木曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・21

夏の夜はボサノバ・ジャズ。今日はビッグバンド仕様で、Quincy Jones『Big Band Bossa Nova』(写真左)。

1950年代、デビュー時より、アレンジャーとして名を馳せたビッグ・ネーム「クインシー・ジョーンズ」。このジャズ・アレンジャーの大御所が、ボサノバ・ブームで沸き立つ1962年に録音した、ビッグバンド・ジャズの隠れた「ウラ名盤」が、この『Big Band Bossa Nova』。

収録された曲名を見渡すと、ボサノバあり、サンバあり、映画音楽ありで、決して、ボサノバ・ジャズのオンパレードでは無いのだが、当時、ボサノバの大ブームの中では、納得のアルバム名と言える(笑)。

さて、冒頭の1曲目を聴くと、なんだか、どこかで聴きなれたフレーズが。なんや、1970年代後半、僕達が学生の頃 、深夜放送で、テレビで聴き慣れた、大阪モード学園のコマーシャルに使われていた曲ではないか。ふふっ、ちょっとマイナーな話題で申し訳ない(笑)。

そうか、あれが、かのクインシー・ジョーンズ御大の「Soul Bossa Nova」だったのだ。ということは、僕達は、クインシー・ジョーンズの名曲をそれとは知らず、コマーシャル・ソングとして、耳タコになるくらい聴いていたことになる。
 

Big_band_bossa_nova

 
閑話休題。さて、このクインシー・ジョーンズの「ウラ名盤」を改めて聴いてみると、これがなかなかいける。 流行を追ったビッグバンド・ジャズは、結構、流行を追ったが故に、音が古くなるのが早いのだが、さすがはクインシー・ジョーンズ御大、ビッグバンドの音が、古くさそうで古くない。

いわゆる「アレンジの妙」とも言える音作りで、今の耳にもグッと踏みとどまった音世界となっている。その他の曲では「Desafinado」や「Samba De Una Nota So (One Note Samba)」など、アントニオ・カルロス・ジョビンの代表曲を取り上げ、ラテンの音の中に、クインシー・ジョーンズならではの、ブラックネス、ファンクネスを混ぜ込むアレンジ手法は「さすが」と言うほか無い。

ビッグバンド・ジャズは、迫力があるけどちょっとうるさい、といって敬遠される方もいるが、このアルバムはちょっと違う。当然、音に迫力はあるが、耳には意外と心地良い。

そして、僕は、ボサノバやサンバなど、ラテンの曲調の中に紛れ込んだ映画音楽の名曲、かの名画「マイ・ フェア・レディ」の挿入歌「On The Street Where You Live(君住む街角)」のお洒落で疾走感溢れ、心地良い迫力のアレンジが、密かにお気に入りだったりする。

 
 

大震災から2年4ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ寄りのジョージ・ベンソン | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その17 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/52604565

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・21:

« ジャズ寄りのジョージ・ベンソン | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その17 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ