最近のトラックバック

« 生粋のフュージョン・ギタリスト | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その16 »

2013年7月19日 (金曜日)

こんなアルバムあったんや・20

Pietro Tonolo『Your Songs : The Music of Elton John』(写真左)。これは珍しいお洒落な盤である。英国が誇るシンガー・ソング・ライター&ロック・エンタテイナー、エルトン・ジョンの楽曲のカバー集である。

まず、バックに控えるトリオのメンバーが凄い。ジャズ界ではベテラン中のベテラン、スティーブ・スワロー (el-b) と ポール・モチアン (ds)、更に、パット・メセニーのブレーンでもあるギル・ゴールドスタイン (p,acc)。

テナーがフロントのジャズ・カルテットで、1970年代ロック&ポップスの最大のエンタテイナー、エルトン・ジョンの数々の名曲をカバーしているというだけで、僕達の世代は触手が伸びるが、加えてこの顔ぶれである。 絶対に触手が伸びるというもの。よって、見つけて、即、購入だった。

「つかみ」の最初の一曲目は「Bllue Eyes」。こいつは確か1982年リリースの『Jump Up!』収録の曲ではなかったか。良い雰囲気で美しい演奏。「つかみ」は、これでOK。このアルバムの内容が保証されたようなもの。良い演奏である。
 

Pietro_tonolo_your_songs_2

 
3曲目は「Rocket Man」。このロックな曲をどうやってジャズに料理するのか。興味津々だったが、こういうスインギーなアレンジがあるのね、感心。4曲目は「Your Song」。この曲はエルトンの初期の名曲中の名曲で、ジャズでは良く取り上げられる曲だ。さすがに、こういう「歌ものバラード」にサックスはピッタリ。良い演奏だ。

そして、6曲目「Goodbye Yellllow Briick Road」。この名曲、どうやってジャズにするの、って感じの曲。 しかし、そんな心配など何処吹く風、このトノーロ率いるカルテットは、爽やかな風のように、飛ぶように泳ぐように、この名曲の旋律をジャズに紡いでいく。

全体を通して、エルトン・ジョンの名曲をかなり上手く料理しています。落ち着いた雰囲気の中で、名うての名手達が原曲を損ねることなく、ガッチリとジャズとして表現していく。エルトン・ジョンのジャズ・カバーとしては屈指の出来だと思います。

こうやって、21世紀のジャズの中で、新しいスタンダード曲が生まれていったら良いなあ、と思います。特に、70年代ロック&ポップスには、ジャズの新しいスタンダードになりうる名曲がゴロゴロしていますからね。密かに期待しています。

 
 

大震災から2年4ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 生粋のフュージョン・ギタリスト | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その16 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/52521211

この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・20:

« 生粋のフュージョン・ギタリスト | トップページ | 夏はボサノバ・ジャズ・その16 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ