« ビッグバンド・ジャズは楽し・21 | トップページ | 7月27〜29日、お休みします。 »

2013年7月26日 (金曜日)

夏はボサノバ・ジャズ・その17

ワルター・ワンダレイという人、もともとはジャズを弾くピアニストとして出発した人で、ボサノバがブームになるや、オルガンに転向した異色のジャズ・ミュージシャンの一人である。

そのワンダレイが、1966年にアメリカでレコーディングしたアルバムがこのアルバム、Walter Wanderley『Rain Forest』(写真左)。邦題は「サマー・サンバ」。邦題をみても判るように、サンバやボサノバを中心としたラテン・ジャズが中心のオルガン・ジャズの佳作である。

例えて言うなら、ジョビンの演奏するボサノバは、海辺のリゾート地によく似合う雰囲気があって、ワンダレイの演奏するボサノバには、ちょっと洗練された都市生活のリズムがその底辺にある、という感じかな。言い換えれば、下町の縁日的感覚とも共通するそのエンタテインメント性は、聴く人の気分を浮き立たせる様な軽やかさがある。

冒頭の名曲「サマー・サンバ」を聴けばそれが納得できるだろう。この曲、音楽好きの人であれば、どこかで一度は耳にしたことがあるであろう名曲で、オシャレな雰囲気と、ちょっと刺激的なオルガンの響きがミックスして、不思議な雰囲気のオルガン・サンバとなっていて実に楽しい。
 

Rain_forest_2

 
他の収録曲もどれもポップで、一つ間違えば、オルガン・ポップスみたいな、ありきたりの演奏になってしまうのだが、ワンダレイの演奏の中心にあるのは「ジャズとしての即興演奏」であり、そのジャズ的なインプロビゼーションが、このアルバムをオルガン・ジャズとして成立させている。

それが判るのが、ボザノバの名曲中の名曲である、5曲目の「イパネマの娘」。あの耳慣れた テーマを演奏するワンダレイのオルガンは実に攻撃的で、粘りがあって、適度な黒さも持ち合わせた、純正な「ジャズ」の音である。 続く「ビラウド・メランコリー」のオルガンもあまり倍音を含まない、単音でのクリアな音色は、やはり純正な「ジャズ」の雰囲気。

ちょっと聴きかじっただけの印象では、なんとなくポップス調で、硬派なジャズファンからは敬遠されがちなワルター・ワンダレイの諸作ではあるが、少なくとも、この盤『Rain Forest』に限って言えば、どうして、しっかりとジャズしていて、聴いていてとても楽しく、リラックスできる好盤だ。

そして、オルガンは、ボサノバやサンバに「合う」ということをこのアルバムは教えてくれる。

 
 

大震災から2年4ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ビッグバンド・ジャズは楽し・21 | トップページ | 7月27〜29日、お休みします。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏はボサノバ・ジャズ・その17:

« ビッグバンド・ジャズは楽し・21 | トップページ | 7月27〜29日、お休みします。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー