« 特に夏に聴く楽器って何? | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・36 »

2013年6月11日 (火曜日)

keiko Leeのデビュー盤

バーチャル音楽喫茶「松和」では「ジャズ・フュージョン館」の傍らで「懐かしの70年代館」を運営して いますが、最近、ハタと思い当たったことがひとつあります。

「ジャズのアルバムの中で、70年代ロックの名曲を題材にした楽曲はあるのか?」。

これがですねえ、なかなか無いんですよ。今や21世紀、思えば、1970年代から40年以上にもなっているのに「なんだかなあ、ジャズ界って保守的なんだなあ」って思いながら探していたら、ありました。実は「70年代ロックの名曲を題材にしたジャズ」、不思議と日本のミュージシャンのアルバムに多いんですよねえ。

Keiko Lee『Imagine』(写真左)。今や、日本女性ジャズ・ボーカル界の大御所的存在となったケイコ・リーのアルバム。このアルバムは、ケイコ・リーがニューヨークで現地のミュージシャンと一緒にレコーディングした初めてのアルバム。所謂、デビューアルバムですな。1995年のリリース。

このアルバムでのリーのボーカルは、その独特の「ボイス」と「フレージング」ゆえ、早くも「一流としての個性」を予感させます。そして、バックバンドは、ケニー・ バロン(p)、グラディ・テイト(ds,vo) 等の精鋭ミュージシャンが固め、充実のサポート。

さて、「70年代ロックの名曲を題材にしたジャズ」はと収録曲を眺めると、まず、特別に目に付くのは、ロックというジャンルとはちょっと外れるのかもしれないが、当時「ソウル・ミュージック」というジャンルで活躍していた、ロバータ・フラックの名唱で知られる「Feel Like Making Love」。

2曲目に収録されているこの曲、バリバリR&B系の粘っこく、黒くファンキーなナンバーなので、フュージョンのジャンルでは、時々、カバーされる名曲なんだが、今回の様な純ジャズ系でカバーされるのは珍しい。リーは、このファンキーな名曲を、抑制の効いた純ジャズをバックにして、実にシットリとジックリと、時にコケティッシュに歌い上げてみせる。
 

Keiko_lee_imagine

 
R&B系、フュージョン系の演奏には無い、落ち着いた重心の低い、しっかりとした「Feel Like Making Love」が聴ける。ファンキーに跳んだり跳ねたりしていない分、この楽曲の本質の部分が見えるようで、実に好ましい出来に仕上がっている。

7曲目の「Summertime」って、ガーシュイン作曲のミュージカル「ポギーとベス」の挿入歌なのだが、リーはどちらかといえば、ちょっとロックっぽい雰囲気で、ジックリと唄い上げていくところが面白い。

70年代ロックの中では、伝説の女性ボーカリストであるジャニス・ジョップリンの名唱で有名な曲だが、この曲は、既にジャズの方ではスタンダードになっている。ジャズのスタンダードを、ロックのイディオムで歌い上げたのがジャニスってわけ。

そして、絶品はラストの「Imagine」。いまや説明不要のジョン・レノンの名曲。この曲、オリジナルがオリジナルだけに、ジャズ・ボーカルとしてカバーするのはちょっと難しいのではと思っていたが、この手があったのか、って感心しました。

出だしは、やはりオリジナルをデフォルメするのは難しいらしく、オリジナルに忠実な歌唱に終始。これでは、単なるジャズ・ピアノをバックにしたカラオケではないか、と思っていたら、途中から、グラディ・テイトの渋いボーカルが入ってきて、雰囲気は一変。雰囲気はガラッと変わって、バリバリのゴスペル風になる。これが実にニクい。

ファンキーで黒いゴスペル調にノリながら、リーとグラディは、渋いデュエットを繰り広げる。う~ん「イマジン」ってゴスペルに完璧にのるリズムを持った楽曲だったのね。とにかく、最後2曲はグラディ・テイトとのデュエットがハイライトの秀作です。

加えて、20biitデジタル・レコーディング、加えてSBMマスタリングなど、高品位な音源を実現しており、オーディオ・ファイルとしても魅力的なアルバムですね。良いジャズ・ボーカル盤です。

 
 

大震災から2年2ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 特に夏に聴く楽器って何? | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・36 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: keiko Leeのデビュー盤:

« 特に夏に聴く楽器って何? | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・36 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー