« ピアノ・トリオの代表的名盤・36 | トップページ | 米国西海岸なAORサウンド »

2013年6月13日 (木曜日)

ジャズ喫茶で流したい・42

こんなに「小粋でハードボイルド」なピアノ・トリオは、是非ともジャズ喫茶で流したい。

このアルバムは、1975年2月、エラ・フィッツジェラルドの伴奏メンバーとして来日したトミー・ フラナガンを起用して吹き込まれたもの。Tommy Flanagan『Tokyo Recital』(写真左)。

フラナガンとして、初の日本でのレコーディングという点で、また、彼のリーダー作としては、1960年に吹き込まれたムーズヴィル盤以来(なんと15年ぶり)、という意味でも貴重なアルバムである。ちなみにパーソネルは、Keter Betts (b), Bobby Durham (ds), Tommy Flanagan (p)。

フラナガンと言えば落ち着きのある、いぶし銀のような「洒落た面」と、良くスイングした趣味の良い「ハードでダイナミックな面」を併せ持つピアニストである。とにかく、絵に描いたような「隠れ名手」的で「小粋なハードボイルド」的な、実に趣味の良いピアニストなのだ。

良くジャズの入門書では「サイドマンとして彼のピアノは輝く」なんて書いてあることが多いが、とんでもない。このアルバムを聴いてみれば良く判る。やはり、彼もまた、リーダーアルバムで最高に輝くのだ。
 

Flanagan_tokyo_recital_2

 
このアルバムの1曲目と2曲目で彼の特質が良く判る。1曲目の「All Day Long」では、彼のほど良くスイングした、趣味の良い「ハードでダイナミックな面」が良く出ており、のっけから実に楽しい、ノリの良いピアノ・トリオを聴かせてくれる。

2曲目の「UMMG」は打って変わって、味わいのある落ち着きのある、いぶし銀のような「洒落た面」が堪能できる。このアルバムは、この彼の持つ相反した2つの面が、バランス良く配置された名盤であると僕は思う。

サイドマンの貢献度も高く、ドラムスのボビー・ダーハムは、フラナガンの2つの面「ノリの良い面」と「落ち着きのある面」それぞれに合わせて、柔軟なドラミングでバッキングを確かなものにし、ベースのキーター・ベッツは、堅くて野太い、リズム感満載のベースでスイング感を盛り上げる。

録音も良く、選曲もありきたりのジャズ・スタンダードのオンパレードではなく、「デューク・エリントン=ビリー・ストレイホーン作品集」というコンセプトに則り、ちょっと小粋な曲や隠れた名曲を随所に散りばめ、とても楽しく、かつ、小粋なアルバムに仕上がっていて立派だ。

このようなアルバムが、日本での録音で生まれたことは誇らしいことだ。なにはともあれ、理屈抜きに楽めるアルバムです。

 
 

大震災から2年3ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ピアノ・トリオの代表的名盤・36 | トップページ | 米国西海岸なAORサウンド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・42:

« ピアノ・トリオの代表的名盤・36 | トップページ | 米国西海岸なAORサウンド »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー