最近のトラックバック

« フェンダー・ローズを愛でる・5 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・35 »

2013年6月 6日 (木曜日)

あの人達は今どこにいる・1

あの人は今、どうしているんだろう。そういう想いを走らせたくなるジャズメンが何人かいます。

一時、日本のレコード会社から、ちやほやされ、米国ではどう考えてもメジャーで無いのに、日本でメジャーデビューしてしまったジャズメンが幾人かいます。あの人達は今、どうしているんだろう。

そんな「あの人達は今どこにいる」シリーズ第一弾は、ライアン・カイザー(Ryan Kisor)。2000年の頃だったか、その頃、僕の「マイ・ブーム」だったトランペッター。最近、とんと、この人の名前を聞かなくなった。

それもそのはずで、2006年にリリースした『One Finger Snap』以降、リーダー作のリリースが無い。故に、ジャズ雑誌の新盤レビューなどで、カイザーの名を目にすることは無い訳。

でも「Jazz at Lincoln Center Orchestra」のメンバーではあるらしく、ジャズメンとして、第一線の活躍はしているということ。ネットでもっと調べたら、ちょくちょく来日して、ライブハウスとかで演奏しているようだ。

ライアン・カイザーは、90年のモンク・コンペティション優勝という華々しい実績を引っ提げてデビューしてきたことからも判るように、彼のテクニックは、なかなかのもの。

しかし、そのテクニックをひけらかすことなく、変にひねりを入れることなく、常に「直球勝負」的な、ストレート・アヘッドなトランペットは好感度抜群。
 

Ryan_kisor

 
そのミュージシャンの本質を見るには、デビューアルバムやその近辺の、つまり、そのミュージシャンの初期の作品、それも出来たらワン・ホーン作を聴くこと、というのが僕の持論。

そういう意味でいくと、 ライアン・カイザーの本質を感じるには、2000年にリリースされたワン・ホーン作『Kiisor』(写真左)かな。このアルバムは珍しく、トランペットのワン・ホーン作なので、彼のトランペットをとことん堪能できるのが嬉しい。

彼のトランペットの特徴は、「ストレート・アヘッドに、切れ味良く、しっかり吹ききる潔さ。そして、エッジが立った切れる感じの音では無い、良い具合に角が取れた、ほんのりとした温かみがある音」って感じ。

変なクセも無く、聴きやすく(本音を言えば、もう少し、個性があっても良いかなとも思うけど)、とにかく清々しいトランペットです。僕の中で、これからの更なる活躍が期待されるトランペッターのひとりです。しかし、改めて思うんだけど、トランペットやサックスを堪能するには、ワン・ホーン作が一番やね〜(トランペットの場合、唇が大変やと思いますけど)。

しかし、VIDEOARTSって、どうなんやろう。2000年にこの『Kiisor』をリリースして以降、ライアン・カイザーのリーダー作を8枚リリースして以降、2007年から6年間、ライアン・カイザーに関して、全く音沙汰無し。そんなもんなんかなあ。

ジャズメンって、ポップスの人気歌手とは質が違うんやがなあ。ブームが去って売れなくなったら「はい、おしまい」って感じで、なんだか日本のレコード会社って薄情やなあって思ってしまう。

 
 

大震災から2年2ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« フェンダー・ローズを愛でる・5 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・35 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/51938181

この記事へのトラックバック一覧です: あの人達は今どこにいる・1:

« フェンダー・ローズを愛でる・5 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・35 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ