最近のトラックバック

« 思わぬ発見『3!』=『とりお!』 | トップページ | ワー・ワーの唯一のリーダー作 »

2013年5月25日 (土曜日)

「凛とした」山中千尋セカンド盤

山中千尋の第1作目は緩急自在、「ちょっとまとめてみました」って感じの、素敵なデビューアルバムだった。初対面の時みたいな爽やかな、そして、そこはかとなく可愛い、 挨拶代わりのアルバムだった。そして、第2作目である。

第2作目は『When October Goes』(写真左)。1作目から、着実にアップグレードした内容が心強い。2002年のリリース。ちなみにパーソネルは、Chihiro Yamanaka (p), Larry Grenadier (b), Jeff Ballard (ds)。

まず、ベースとドラムがグレードアップした。1作目は、ベース・ドラム・ピアノが、対等にお互いを思いやりながら、うまくバランスを取ったアンサンブルが特長だった。ベースとドラムがグレードアップした本作は、インタープレイの醍醐味に溢れた、躍動感溢れる作品になった。

しかし、それにも増して、山中千尋のピアノが更に個性的になった。恐らく、自分のタッチと自分の表現に自信を持ち始めたのだろうが、今の山中千尋のピアノは思いっきり個性的だ。山中千尋のピアノの個性が、このアルバムで確立されたと言って良いだろう。

近頃のジャズ・ピアノの新人の多くはエバンス派の影響が多く見られ、その前提から出発して如何に個性を出していくか、 という形で、個性を作り出している。しかし、今回のアルバムで聴くことの出来る山中千尋のピアノは、 どうも、そうではなさそうだ。エバンス派の影響が意外と希薄なのだ。
 

When_october_goes

 
なんと表現したらいいか、実際に皆さんに聴いていただくのが一番なのだが、純ジャズの様々なジャズ・ピアノのスタイルとフュージョン・ジャズでのピアノの響きとが巧くブレンドされてきて、その土台の上に、ダイナミックでリリカルな雰囲気とが付加されて、この時代でないとあり得ない、実に個性的なピアノを表現している。

その個性的なピアノを引っさげて、オリジナル・ナンバーが素晴らしい出来映えをみせている。特に冒頭の「Taxii」は名演名曲。そして、加えて、今回のアルバムで素晴らしいのはスタンダードの選曲。実に粋なスタンダードの選曲に目を見張る。う〜ん、実に粋だ。

4曲目の「Yagii Bushii(八木節)」は出色の出来、6曲目、8曲目はヒネリが効いていて、アレンジと テーマの扱いが素晴らしい。聴いていて、自然と口許がほころぶ。

最後に言いたい。このトリオは実に良い組み合わせだと思う。ダイナミズムと繊細さを併せ持ち、アンサンブルとインタープレイを巧く取り混ぜ、それでいてテクニックに走らず、日本語的にいうと、実に 「凛とした」ピアノ・トリオなのだ。 

良い出来のセカンド・アルバムだと思います。今でも時々、引きずり出して聴く、僕にとって意外とヘビロテの一枚です。

 
 

大震災から2年2ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 思わぬ発見『3!』=『とりお!』 | トップページ | ワー・ワーの唯一のリーダー作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/51772850

この記事へのトラックバック一覧です: 「凛とした」山中千尋セカンド盤:

« 思わぬ発見『3!』=『とりお!』 | トップページ | ワー・ワーの唯一のリーダー作 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ