最近のトラックバック

« ビ・バップとハードバップの特徴 | トップページ | ソウルをカバるロッドは最高 »

2013年5月 9日 (木曜日)

フェンダー・ローズを愛でる・4

サリナ・ジョーンズは、1944年1月29日、米国ヴァージニア州生まれ。若い頃から地元で唄っていたが、ニューヨークに移住。「September Song」を歌って、ハーレムのアポロ・シアターで行われたタレント・コンテストで優勝。すぐさまプロ・デビュー。そして1960年代半ば、米国を去り欧州へ移住。1978年に初来日。以降、東アジアで人気を獲得した女性シンガーである。

確かに馴染みのある名前である。ジャズ者初心者の頃、1970年代後半、サリナ・ジョーンズの歌声は、結構、FMで流れていたような記憶がある。

サリナ・ジョーンズは、どちらかと言えば、伝統的なジャズ・シンガーではなく、ポップスの要素も取り入れた、まさにフュージョン・ライクな女性ジャズ・シンガーである。
 
その「フュージョン・ライク」なジャズ・シンガー、サリナ・ジョーンズが、伝説のフュージョン・バンド、スタッフをバックに唄った アルバムがこの『My Love』(写真左)である。

1981年4月、東京での録音である。ちなみにパーソネルは、Gordon Edwards (b), Steve Gadd (ds), Cornell Dupree, Eric Gale (g), Richard Tee (key,vo)。なんと、バックのメンバーは、伝説のフュージョン・バンド「スタッフ」そのものである。
 

Salena_jones_my_love

 
元々、バックを務める伝説のフュージョン・バンド、スタッフ自体が、当時のフュージョン・バンドには珍しい、ファンキーでブルージーな、うねるようなグルーブ感が身上のバンドなので、そのスタッフの「うねるファンクネス」溢れる伴奏に、如何にサリナが乗るのか、がこのアルバムの鍵であるが、その答えは、冒頭の「Everyday」を聴けば明確になる。

全編、夜の静寂にファンキーでブルージーな雰囲気をプンプンさせながら、ある時はダイナミックに ある時は囁くように、ある時はシャウトし、ある時は朗々と歌い上げる。そんなバラエティーあふれるサリナ の歌唱が楽しめる。一言で言うと、大人のフュージョンやね。

そして、もう一つの聴きものが、リチャード・ティーのフェンダー・ローズ。ティーって、フェンダー・ローズの使い手として、屈指の存在なのだが、このサリナ・ジョーンズの歌伴でその実力が炸裂する。
 
フェンダー・ローズを印象的に、揺れるように、幅広く歌わせるように弾きこなすテクニックは、ティーの真骨頂。ティーのローズは音の揺れと幅が広く、キャッチャーでソフト&メロウなフレーズが印象的。

もちろん、バックを務める「スタッフ」も言うこと無し。「フュージョン・バンドに歌伴は出来ない」なんて、つれないことをおっしゃる評論家もいるが、ここでの「スタッフ」は、フュージョン・ファン にとっては「嬉しい」例外である。

 
 

大震災から2年。でも、決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ビ・バップとハードバップの特徴 | トップページ | ソウルをカバるロッドは最高 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/51561923

この記事へのトラックバック一覧です: フェンダー・ローズを愛でる・4:

« ビ・バップとハードバップの特徴 | トップページ | ソウルをカバるロッドは最高 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ