« クロスオーバーの幻の名盤です | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・34 »

2013年5月14日 (火曜日)

ラーセン=フェイトン=バンド

昨日、幻のバンド「フルムーン」のお話しだった訳だが、今日は、その「フルムーン」の核となった二人のミュージシャン、ニール・ラーセン (key) と バジー・フェイトン (g)の双頭リーダー・バンド「ラーセン=フェイトン=バンド」の登場である。

当時、『Jungle Fever』や『High Gear』と快調にヒットアルバムをリリースし続けていたニール・ラーセン(Neil Larsen)のワーナー移籍第1弾のアルバム。このワーナー移籍第1弾のアルバムを強力にサポートしたのが、名プロデューサー、トミー・リピューマ(Tommy Lipuma)。そのワーナー移籍第1弾のアルバムは、盟友バジー・フェイトン(Buzz Feiten)との双頭バンド名義の作品として登場。

そのアルバムとは、僕の大のお気に入りである『Larsen-Feiten Band』(写真左)。このアルバムは1980年のリリース。ちなみにパーソネルは、Neil Larsen (key,vo), Buzzy Feiten (g,vo). Art Rodrigez (ds), Lenny Castro (per,vo), Willie Weeks (b)。

このアルバムがまあ、それはそれは素晴らしい内容で、リリースされた当時、即ゲット、即ヘビロテな盤になった。いや〜、このアルバムは、ほんまによく聴いた。

冒頭の「Who'll Be The Fool Tonight」を聴けば、この双頭バンドのテイストが直ぐに判る。リズム&ビートは、ジャズもしくはR&B。と言って、単純なフュージョン・ジャズでは無い。ロック、Jazz、ファンク、ソウル、R&B、といった1970年代、米国で流行った音楽ジャンルの音を上手くミックスした、ジャンル不詳な音世界。
 

Larsen_feiten_band

 
演奏全体を覆う、切れ味良く小粋なファンクネス。ラーセンのファンキーなオルガンやエレピを軸にして、フェイトンのギターとヴォーカルが味わい深く響きます。この双頭リーダーの二人、ラーセンのエレピとフェイトンのギターの相性が抜群なんですね。

演奏全体のレベルは高い。それぞれが双頭のテクニックを保持している。そんな職人気質を前面に押し出したファンキーでアダルトな感覚。大人のフュージョン・ジャズであり、小粋なAORである。そう、この『Larsen-Feiten Band』は、フュージョン・AORである(笑)。

ラーセンのエレピが主役でインスト・ナンバーの「Further Notice」なんかは、お洒落で小粋なフュージョン・ジャズ。スカのリズム&ビートが楽しい「Morning Star」。ホーンの響きとアレンジが秀逸でむっちゃファンキーな「Make It」。こいつはほんまに絵に描いた様なファンクネスが芳しい「Danger Zone」。他の曲も内容に優れ、聴きどころ満載なアルバムです。

ボーカルが入っていたらAOR、インスト・ナンバーだけだったらフュージョンなんて、乱暴なジャンル分けもあった1980年当時。この『Larsen-Feiten Band』は、AORの名盤として頻繁に採り上げられたりもしていたっけなあ。この『Larsen-Feiten Band』の音世界は、音楽のジャンル分けが意味の無いものにしてしまう。

ちなみに、このアルバムのジャケット写真は、Norman Seeff(ノーマン・シーフ)の撮影。むっちゃ格好良いモノクロの世界。LPサイズのジャケットは迫力満点でした。ジャケ良し音良し。素晴らしい内容が今も魅力の『Larsen-Feiten Band』です。

 
 

大震災から2年。でも、決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« クロスオーバーの幻の名盤です | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・34 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーセン=フェイトン=バンド:

« クロスオーバーの幻の名盤です | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・34 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー