最近のトラックバック

« カサンドラの「テネシー・ワルツ」 | トップページ | 「凛とした」山中千尋セカンド盤 »

2013年5月24日 (金曜日)

思わぬ発見『3!』=『とりお!』

日本のジャズは奥が深い。こんなジャズメンいたんだ、とか、こんなアルバムあったんや、とか、思わぬ発見が多々ある。とにかく知らない名前が多い。本当に奥が深い。それでいて皆、上手い。皆、素晴らしい。 

そんな「日本のジャズって奥が深いなあ〜」と感じさせてくれるアルバムの一枚が、塩谷 哲『3!』(写真左)。リーダーの名前は「塩谷 哲」=「しおのや・さとる」と読みます。そして、ちなみに、アルバムタイトルは、『3!』=『とりお!』と読みます。

このトリオのパーソネルは、塩谷 哲 (p)、吉野 弘志 (b)、山本 秀夫 (ds) で、塩谷 哲はフュージョン畑のピアニスト。僕はこのアルバムに出会うまで、 全くその存在を知りませんでした。不明を恥じることしきりです。

さて、このアルバム、まず、ジャケットが良い。CDの時代になって、LPと比べて、そのサイズが圧倒的に小さくなったことで、ジャケットを愛でる機会が圧倒的に少なくなった。しかし、このアルバムのジャケットは素晴らしい。躍動感が溢れていて、デザインも秀逸で、出来たらLPサイズで見たい位で、思わず、CDの演奏の内容が伝わってくるようだ。

昔、LP時代には「ジャケ買い」という言葉があった。つまり、ジャケットを見てジャケットが気に入って、そのアルバムを衝動買いしてしまう、という意味の言葉なんだが、今回のアルバムは完全に「ジャケ買い」であった(笑)。
 

Shionoya_3

 
さて、この『3!』をCDプレイヤーのトレイに載せて、スタートスイッチを押す。そして、1曲目の「Speak Our Language ?」でぶっ飛んだ。 素晴らしいダイナミズムと、広々とした展開とアンサンブル。そして、塩谷の尖ったピアノソロ。大胆な山本のドラム。骨太な吉野のベース。「こりゃあ凄いぞ」。

メリハリの効いたダイナミックな演奏が個性かと思いきや、4曲目の、かのスティービー・ワンダーの名曲「Overjoyed」は、原曲の良さを崩さず、そのままのイメージで、リリカルに朗々と歌い上げていく潔さ。そんな、ダイナミズムとリリカルな展開に支えられ、最近のピアノ・トリオのアルバムの中でも秀逸の出来となっている。

話が変わるが、このアルバムの塩谷のピアノを聴き進めていくと、ちょっと、チック・コリアのタッチと音の雰囲気に似ているなあと思い始める。尖っていて、ちょっと前衛的で、リリカルで、歌心満載。僕は、チック・コリアが大好きなので、これだけで参ってしまう(笑)。

しかし、さすが、フュージョン畑のトリオが、純ジャズのピアノ・トリオを演奏すると違う。とにかく、その「違い」が良い方向に出て、実にユニークなピアノ・トリオとなっている。

フュージョン畑のミュージシャンが、純ジャズのトリオを演奏する。これを単なる「売らんが為の余興」として、聴かずに退けるのは間違いだ。なんでもそうなんだが、まずは「聴いてみる」。聴いていなければ批判はしない。このアルバムを聴いて、改めてそう思った。この「異業種参入」による、突然変異的な優れた演奏が「ピョコッ」と出てくるところにジャズの面白さがある。

 
 

大震災から2年2ヶ月。決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« カサンドラの「テネシー・ワルツ」 | トップページ | 「凛とした」山中千尋セカンド盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/51761691

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ発見『3!』=『とりお!』:

« カサンドラの「テネシー・ワルツ」 | トップページ | 「凛とした」山中千尋セカンド盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ