最近のトラックバック

« ジャズの基本はハードバップ | トップページ | あさ美ワールド全開のセカンド盤 »

2013年4月13日 (土曜日)

謎の大人のニューミュージック

門あさ美。メディアにも一切登場せず、ライブも行わない。それでいて、なかなか内容のあるアルバムをコンスタントの発表し、それなりの売り上げをあげる。そんな覆面アーティストにも似た活動内容。

時たま、音楽雑誌でみる彼女の写真から(3枚目のアルバム「セミヌード」のジャケットで、そのお姿を拝むことが出来る)、その都会的センスとその裏に潜むコケティッシュさを感じて、なんとなく心ときめいたなあ。バックミュージシャンも豪華で、当時第一線で活躍していた面々がサポートする曲や詞から、「女心を切々と歌い上げ共感を呼ぶ」と言う、その独特な雰囲気をふんだんに感じさせてくれるアーティストであった。

さて、当時、コンサートもやらない、テレビにも出ない、レコードだけで勝負していた、謎の女性シンガーソング・ライターであった門あさ美本人がほぼ全曲の作詞作曲を手がけているファースト盤『Fascination』(写真左)。

全編に渡って、それぞれの曲はすべて英語の表題で統一されていてミステリアス。哀愁に満ちて、情感たっぷりで、それでいてベタベタしていなくて、サッパリしていてオシャレ。いやらしくなく、ちょっとエロティック。とにかく、オシャレで聴きやすく内容のある、理想的なJポップの一枚である。
 

Fascination

 
そして、このアルバムを聴き終えると、つまるところ、「すべからく、女は悪女でわがままで淋しがり屋で温かい」存在であると言うことを理解することになる。ファッション・ミュージックの元祖の一人として、そのタレントが見事に表現されたファーストアルバムです。

門あさ美の作曲家としてのこの1曲と言えば、6曲目の「Fascination」でしょう。女性の内面を上手に表現した、上質のポップスです。門あさ美のエコーの効いたボーカルも、健康なエロティシズム全開。

彼女は作詞家としても優れていて、女心の本音と建て前が満載。僕なんか、1曲目の「Morning Kiss」のサビの部分の歌詞で、もうノックアウトですわ(笑)。3曲目の「Stop Passing Night」なんかも意味深やなあ。

当時、女心の描写がユーミン以上と豪語して、失笑を買っていた大学時代。今、年齢を経て、このアルバムに耳を傾けて、当時の僕たちの印象が間違いでないことを確認した次第です。

一言で言うと、「大人のニューミュージック」ですね。

 
 

大震災から2年。でも、決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズの基本はハードバップ | トップページ | あさ美ワールド全開のセカンド盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/51213550

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の大人のニューミュージック:

« ジャズの基本はハードバップ | トップページ | あさ美ワールド全開のセカンド盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ