最近のトラックバック

« ハードバップの芳しき香り・・・ | トップページ | 謎の大人のニューミュージック »

2013年4月12日 (金曜日)

ジャズの基本はハードバップ

ハードバップの芳しき香り。やっぱり、ジャズの基本はハードバップやなあ、とつくづく思う。ジャズの基本の全てが詰まっている演奏スタイルと言える。しかも、聴いていて判るし、判り易い。

ハードバップしか演奏しないバンドやミュージシャンというのも沢山いる。それほど、ハードバップは奥が深く、バリエーション豊かな演奏スタイルなんだろう。例えば、ハードバップ専門の老舗コンボに、Art Blakey & The Jazz Messengers がある。

アート・ブレイキーと言えば、1940年代から活躍していた伝説のジャズ・ドラマー。惜しくも1990年10月に亡くなっている。1919年の生まれだから71歳で亡くなったことになる。ちょっと早かったなあ。 

彼の豪快なバス・タムのドラムロールは、ナイアガラの滝に例えて「ナイアガラ・ロール」と呼ばれた必殺技。グループサウンズ全体のバランスと、フロント楽器が演奏し易いようにメリハリを効かせたドラミングが特徴。しばしば共演者を鼓舞するドラミングが印象的で、そのドラミング・スタイルは、ハードバップ・ドラミングの範とされた。

そんな、アート・ブレイキーが主宰したハードバップ・コンボが、ジャズ・メッセンジャーズ。アート・ブレイキーがリーダーとなり、メンバー・チェンジを繰り返しながら、ブレイキーの晩年まで活動を続けた。ブレイキーは若手、新人の発掘に力を注いでおり、このジャズ・メッセンジャーズに迎え入れて、鍛えに鍛えた。ジャズ・メッセンジャーズ出身の人気・実力派ミュージシャンは数多い。

つまり、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズは、若手・新人の登竜門であり、ハードバップ道場みたいなコンボだった。そう、演奏するスタイルは一貫してハードバップ。しかも、当時、先進的であったモード演奏をいち早く取り入れるなど、時代時代で、ジャズ・メッセンジャーズに君臨した音楽監督役のミュージシャンの才能を遺憾なく発揮させた。
 

Not_yet

 
但し、アートの晩年は、体力の衰えが顕著になり、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの評価はまちまちであるのが残念である。まちまち、とは言え、どんなアルバムでも、水準レベルの演奏は維持しているところは立派。所謂、腐っても鯛である。

そんなアートの最晩年のアルバムの中で、良く聴くアルバムの一枚が、Art Blakey & The Jazz Messengers『Not Yet』(写真左)。1988年3月の録音。ちなみにパーソネルは、Phillip Harper (tp), Robin Eubanks (tb), Javon Jackson (ts), Benny Green (p), Peter Washington (b), Art Blakey (ds)。

現代ジャズにおいての有名どころでは、トロンボーンのユーバンクス、ピアノのグリーンの名が見える。 この亡くなる2年前、やっぱり、ジャズ・メッセンジャーズは、若手・新人の登竜門であり、ハードバップ道場みたいなコンボだった。演奏スタイルは、徹頭徹尾ハードバップである。なんの捻りも無い、ストレートなハードバップ。

先にも書いた様に、アートの晩年のアルバムは評判が良くないものもあるんだが、これはなかなかの力作。1988年という、新伝承派の第2世代が頭角を現しつつある頃で、そんな新伝承派の思索的で知的でクールなハードバップが展開されている。そんな当時の流行の演奏内容に、なんの違和感も無く、ドラムで堅実にバッキングしつつ、フロントを鼓舞するアート・ブレイキーは見事。

ちょっぴりリー・モーガンを想起させるフィリップ・ハーパーのペット。ハンク・モブレイをそのままに、この時代に持ってきた様なジャボン・ジャクソンのテナー。徹底したファンクネスが芳しいベニー・グリーンのピアノ。重低音が心地良いピーター・ワシントンのベース。歌心満点、テクニック満点なロビンユーバンクスのボーン。凄い奴らがアートに煽られ、吹きまくる、弾きまくる。

これ、あまり話題にならないけど、良いハードバップ盤です。ジャズの基本はハードバップ。晩年のアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの快作です。

 
 

大震災から2年。でも、決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ハードバップの芳しき香り・・・ | トップページ | 謎の大人のニューミュージック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/51201718

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの基本はハードバップ:

« ハードバップの芳しき香り・・・ | トップページ | 謎の大人のニューミュージック »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ