最近のトラックバック

« 東欧風のエキゾチックなギター | トップページ | 自らの個性で吹くロイドは良い »

2013年4月16日 (火曜日)

クールで硬質な音が素敵です。

変わったアルバム・タイトルなので、このアルバムの存在は直ぐに覚えた。しかし、ギタリストのリーダー作であった。ジャズのフロントを務める楽器で、ギターは一番後回しにしたので、このアルバムを手にするには、かなりの時間を要した。

ジャズを聴き初めて15年経った頃。やっとジャズ・ギターのアルバムをコレクションしようと思い立った。でも、このアルバムとはなかなか縁が薄かったみたいで、リイシューされる度に買おう、と思うんだが、他に欲しいアルバムがあったりして、気が付いた時には無くなっている、そんな繰り返しだった。

そのアルバムとは、Jimmy Raney『A』(写真左)。アルバム・タイトルが「A(エー)」。どうしてこんなにシンプルなタイトルになったのかは不明だが、タイトルは「A(エー)」。白人ギタリストの代表格、ジミー・レイニーの代表作である。

ジミー・レイニーのギターは、ファンクネスや音の粘りや翳りが希薄で、テクニックを全面に押し出した、素直でシンプルで硬質なギター。1950年代にどっと現れた白人ギタリストの音である。明らかに、チャーリー・クリスチャンから派生したタル・ファーロウ〜バーニー・ケッセルの流れの中にある音です。

しかし、タル・ファーロウやバーニー・ケッセルと比べると、クールで硬質な音が特徴で、優れたテクニックと相まって、パキパキ感溢れるクールな高速フレーズが楽しい。派手さは無いんですが、イマジネーション溢れ、とても良く「唄うギター」です。
 

Jimmy_raney_a

 
このアルバム『A』は2種類のセッションからなるアルバムで、54年にホール・オーヴァートン(p)、テディ・コティック(b)、アート・マーディガン(ds)と録音したカルテット演奏4曲とトランペットのジョン・ウィルソンを加えた55年のクインテット演奏8曲が収録されています。

どちらが良いかと言えば、アルバム前半のカルテットの方が良いですね〜。クインテット編成の方は、トランペットのジョン・ウィルソンが出過ぎてて、ジミー・レイニーのギターが霞んでしまっています。とにかく、ジョン・ウィルソンのトランペットが、ヘタウマなトランペットで良く鳴る。まあ有り体に言えば「ちょっと五月蠅い」(笑)。

主役のジミー・レイニーのギターは申し分ありません。大向こうを張った派手さは全くありませんが、少し内省的でクールで硬質な音が素敵です。テクニック優秀、パキパキ感溢れるクールな高速フレーズ。どの曲も、ジミー・レイニーの指が回る回る。

でも、ジミー・レイニーって、日本では人気が無いですね。「地味」レイニーなんて、あまり有り難くないニックネームを頂戴している位で、かなり過小評価されている様ですが、このアルバム『A』を聴くと、そんなことは全く無い、1950年代に出現した白人ギタリストの中で傑出した存在だと思います。

確かに、アルバム全体の雰囲気はちょっと「地味」なんですが、ジミー・レイニーのクールで硬質な音、優れたテクニックと相まって、パキパキ感溢れるクールな高速フレーズが耳に残って、癖になって、意外とヘビロテな盤になります。 

 
 

大震災から2年。でも、決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 東欧風のエキゾチックなギター | トップページ | 自らの個性で吹くロイドは良い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/51259028

この記事へのトラックバック一覧です: クールで硬質な音が素敵です。:

« 東欧風のエキゾチックなギター | トップページ | 自らの個性で吹くロイドは良い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ