« クールで硬質な音が素敵です。 | トップページ | ナット・アダレイ、もう一枚! »

2013年4月17日 (水曜日)

自らの個性で吹くロイドは良い

チャールズ・ロイドは、どうも好きになれなかった。ロイドのテナーは、コルトレーンの影響を受けた、というか、コルトレーンそっくり。コルトレーンの演奏の要素やテクニックを全て取り込んで、耳当たりよく、聴き易くした感じ、と言って、コルトレーンほどの深みとテクニックは無い。でも、とにかく聴き易い。大衆迎合的なアプローチ。

ハードバップ時代の歌うようなフレーズや十八番のシーツ・オブ・サウンド、フリーに走った時の「スピリチュアルな咆哮」など、コルトレーンそっくりに、テクニックのレベルを落として聴き易くしたような、意外とあざとく計算された演奏が、どうにも好きになれなかった。

そんなチャールズ・ロイド。1970年代に入って、全く過去の人となった訳だが、それは仕方の無いことだろう。手品はタネがばれれば終わり。しかし、この大衆迎合型コルトレーンの完全フォローなロイドが、欧州の代表的レーベルECMに移籍する。1989年のことである。それから、約1〜2年に一枚のペースでリーダー作をリリースするようになった。

ちなみに1993年の『The Call』以来、ロイドのリーダー作は、ずっとECMオンリーである。義理堅いと言えば義理堅いし、他に受け入れてくれるレーベルが見当たらないと言えば見当たらない。しかし、ECMに移籍して以来、ECMの欧州ジャズ的カラーが、ロイドの個性を掘り起こし始める。

そして、徐々にロイドは、コルトレーンのフォローから足抜けしていく。そして、遂にコルトレーンのフォローを止める。コルトレーンのフォローを止めて、自らの個性で吹くロイドは良い。75歳にして立つ。これがロイドのテナーの個性、と確認できるアルバムが出現した。
 

Hagars_song

 
そのアルバムは、Charles Lloyd, Jason Moran『Hagar's Song』(写真左)。2012年4月の録音。ちなみにパーソネルは、Charles Lloyd(ts,as,fl), Jason Moran (p)。ピアノとのデュオ盤である。

このアルバムには、「スピリチュアルな咆哮」は無い。ゆったりとしたテンポに乗って、スラスラスラと素直に堅実に吹き上げていくロイドのテナー。音のエッジが丸まっていて、ホンワリ優しさ漂う耳当たりの良いテナー。フルートも使う場面もあって、ちょっと民族音楽的な響きと、静的でスピリチュアルな響きと、ミステリアスな響きが実に印象的。

寄り添うように、リリカルでクールなピアノが効果的にバッキングしていく。ジェイソン・モラン。良いピアノを弾く輩だ。名門ブルーノートでコンスタントにリーダー作を制作している、現代ジャズ・ピアニストのキーマンの一人。

本作の前半はスタンダード・バラードが中心。ビリー・ストレイホーンあり、ガーシュウィンあり、ジョン・コルトレーンあり。なかなか粋な選曲。後半は全5章からなる自作組曲が中心で、10歳の時に南ミシシッピ州の自宅から連れ去られて、テネシー州の奴隷主に売られたロイドの曾々祖母に捧げられたもの。緩やかで柔らかなテンポが魅力。

思わず、聴いて思わずニンマリしたのが、13曲目の「I Shall Be Released」。ボブ・ディラン作曲、ザ・バンドの演奏曲として有名な曲がカバーされている。こういうところには、まだまだ商売っ気ありやなあ(笑)。でも、雰囲気は良い。なかなか聴き応えのある「I Shall Be Released」。

コルトレーンのフォローを止めて、自らの個性で吹くロイドは良い。75歳にして立つ。これがロイドのテナーの個性、と確認できるアルバムの出現に喝采である。

 
 

大震災から2年。でも、決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« クールで硬質な音が素敵です。 | トップページ | ナット・アダレイ、もう一枚! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自らの個性で吹くロイドは良い:

« クールで硬質な音が素敵です。 | トップページ | ナット・アダレイ、もう一枚! »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー