« グレイト・ロック・クラシックス | トップページ | ジャズのウエストサイド物語・1 »

2013年4月28日 (日曜日)

『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く

1970年代ロックで特徴的なのは、プログレッシブ・ロック(省略形は「プログレ」)。の隆盛と衰退。ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、イエス、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(EL&P)、ジェネシスなど、相当数のプログレ・バンドが1970年代には存在した。

さて、そもそもプログレッシブ・ロックとは何か。簡単に言えば「電子楽器を駆使した交響楽的な音楽」と形容できる。ジャズやクラシックの要素を取り入れて、当時の最新技術による、実験的な音作りが特徴。ボーカル抜きのインストゥルメンタルの曲も多い。その長さと深さ、前衛的な難解さが魅力のロック・ジャンルであった。

そんなプログレの中で、花形楽器と言えば「キーボード」。当時の最新技術による、実験的な音作りが特徴のプログレ、当時、最先端のムーグ・シンセサイザー、メロトロン、ジャズで活躍していたハモンド・オルガン、そして、基本としてのアコースティック・ピアノ、そして、時に教会で主に使用されていたパイプオルガン。それらの複数のキーボードを駆使しての演奏は、プログレ小僧たちの憧れであった。

そのプログレのキーボード奏者については、EL&Pのキース・エマーソン派とYESのリック・ウェイクマン派に人気は二分されていた。Pink Floydのリック・ライトのファンというのは希少。僕は、どっちかというと、リック・ウェイクマン派であった。高校時代、来日したリック・ウェイクマンのソロ公演にも足を運んだ記憶がある。

僕が、リック・ウェイクマンに傾倒した切っ掛けとなったアルバムが、Rick Wakeman『Six Wives of Henry VIII(ヘンリー8世と6人の妻)』(写真左)である。1973年のリリース。英国王であったヘンリー8世の6人の妻達をコンセプトにしたアルバム。妻の6人の名前をそれぞれにタイトルにした曲で構成されている。
 

Six_wives_of_henry8

 
リック・ウェイクマンのプログレ・キーボードはクラシックの影響が強い。特にアコピのフレーズはクラシック的なフレーズが中心となる。ジャズで活躍していたハモンド・オルガンもクラシック・ピアノの様に弾き回す。

クラシックほどでは無いが、ジャズからの影響も確実にあるが、キースの様に、ジャズの有名なフレーズを借用する様な洒落た真似はしない。キースに比べて、シンセサイザーやメロトロンの多用が特徴で、子供の頃、クラシックに親しんだ、キーボードのメカニック好きのプログレ小僧には、リック・ウェイクマン派が多いのではないだろうか。

そんなリック・ウェイクマンのプログレ・キーボードを堪能できるアルバムがこの『Six Wives of Henry VIII』。アルバムのジャケットには、メロトロンやRMIのエレピ、ミニ・ムーグなど、当時最先端の鍵盤楽器の機種のクレジットがあり、このアルバムは、当時最先端の鍵盤楽器の「音のショーケース」としても楽しめる。

また、内ジャケットには、その当時最先端の鍵盤楽器を周りに配置したリック・ウェイクマンの勇姿(写真右)がありこれがまた、当時のプログレ小僧からすると、うっとりとして「格好ええな〜」となる(笑)。

当時としては、それぞれの演奏についてはスピード感もあり、キーボードの音もなかなか良く録れており、プログレ・キーボードを堪能するには格好のアルバムである。とにかく、プログレ小僧の僕としては、今の耳で聴いていても楽しい、プログレ・キーボード・ヒーローの永遠のエバーグリーンである。

 
 

大震災から2年。でも、決して忘れない。まだ2年。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« グレイト・ロック・クラシックス | トップページ | ジャズのウエストサイド物語・1 »

コメント

こんばんは。

YESのFrigileを聴きながら、都内に女性でも入りやすいロックを聴ける
お店ないかな~とググっていたところ、このページにたどり着きました。

70年代のロック、特にYESが好きで、アルバム(LP)も持っています。
「ヘンリー8世と6人の妻」「Mood For a Day」が特に好きな曲です。
Roger Deanの描くちょっと不思議なイラストレーションもいいですね。

聴くのは好きですが、詳しくはないので、読んでいて面白かったです。 
解説ありがとうございます。 同感する部分が多かったです。

また訪問させていただきます( ´ ▽ ` )ノ

はじめまして、peer17さん。松和のマスターです。
 
イエスは、1970年代から現代に至るまで、様々なメンバーチェンジ
を繰り返しながら、活動を続けてきた、プログレッシブ・ロックの
老舗中の老舗ですね。
 
イエスのキーボードは、歴代5人ほどが担当しましたが、その中で
一番、イエスらしい音のキーボード奏者は、リック・ウェイクマン’
ですよね。
 
我がバーチャル音楽喫茶『松和』は、ジャズが中心ですが、70年代
ロックのマニアでもあるので、時々、70年代ロックのアルバムに
ついても語っています。また、お寄り下さい。お待ちしております。
m(_ _)m。
 

 

 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ヘンリー8世と6人の妻』を聴く:

« グレイト・ロック・クラシックス | トップページ | ジャズのウエストサイド物語・1 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー