最近のトラックバック

« タイトルずばり『Free Jazz』 | トップページ | ECのお気に入りな作品の一枚 »

2013年3月 2日 (土曜日)

クラプトンを聴き直さんとなあ

この3月、3年ぶりに、Eric Clapton(エリック・クラプトン)のニュー・アルバムがリリースされるという報に接して、そう言えば、しばらく、クラプトンを聴いていないなあ、と思った。新譜は2005年の『Back Home』以来、御無沙汰だし、これはあかんなあ、としばし反省である。

ということで、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」では昨晩から、エリック・クラプトン祭である(笑)。といっても、懐かしの70年代館なので、まずは70年代クラプトンから聴こう、ということで、選んだアルバムというか、ボックス盤が『Crossroads 2(Live In The Seventies)』(写真左)。

この『Crossroads 2』は1996年にリリースされたCD4枚組のボックス盤で、1970年代のライブ音源全35曲を収録。CD4枚のトータル時間は約4時間半とボリューム抜群。Live In The Seventies と副題にある位なので、このライブ・ボックス盤には、1970年代クラプトンの美味しいところがギッシリと詰まっている。

全35曲は年代順に並べられているとされる『Live In The Seventies』 であるが、ボックス盤の最初に収録されているのは、1974年のアルバム『461 Ocean Boulevard』のアウトテイク『Walkin' Down The Road』で、ちょっと「アララ」と肩すかしを食ってしまうところはご愛嬌(このアウトテイクを冒頭に持ってきた動機は不明である)。

しかし、2曲目からはご安心下さい。1974年7月19日にカリフォルニアの Long Beach Arena でのライブ『Have You Ever Loved A Woman』から、1978年11月28日にイギリスの Victoria Hall での『Crossroads』までライブ音源が続き、最後は1978年のアルバム『Backless』からのアウトテイク3曲で締め括られる。

こうやって内容をまとめてみると、このボックス盤は70年代クラプトンの「ショーケース」的存在やなあ、と改めて感心する。
 

Crossroad2

 
70年代クラプトンと言えば、70年代初頭、デラニー&ボニーの影響をもろに受けて、米国南部のロックのテイスト「スワンプ」に走り、デュアン・オールマンに出会い、サザン・ロックに身を投じる。そこで生まれた名盤が『Layla and Other Assorted Love Songs(いとしのレイラ)』である。

その後、ジョージ・ハリソンの妻、パティへの横恋慕が昂じてドラッグに走り、遂には演奏不可能な状態に陥ってしまう。しかし、そこは何とか踏ん張って、1974年、レゲエなヒット曲「I Shot The Sheriff」を引っさげてカムバック。

ここでのクラプトンは、スワンプからサザン・ロックの雰囲気を引きずりつつ、当時、サザン・ロックのトレンドだった「レイド・バック」をいち早く取り入れてた、スロー・テンポからミッド・テンポが中心の、適度にユルユルのブルース・ロック。これが、70年代クラプトンの完成形となった。

そんな70年代クラプトンの完成形となった、適度にユルユルのブルース・ロックが、このボックス盤の中にてんこ盛り。リーダー作の世界では『461Ocean Boulevard』から『There's One in Every Crowd』そして『Slowhand』の音が中心に収録されている。

これが良いんやなあ。僕はクラプトンの歴史の中では、70年代クラプトンの音が圧倒的に好きだ。特に、『461Ocean Boulevard』から『There's One in Every Crowd』の2枚は大の愛聴盤で、当然、このライブ・ボックス盤『Crossroads 2』は、70年代クラプトンの音はこれだけでも良い、と思う位に、大好きなライブ盤である。

録音も良いライブ音源で、当時クラプトンが愛用していたエレギ「ブラッキー」の音が凄く心地良い。伸びの良い高音、締まりの良い低音、ストロークの安定感。この時代のクラプトンの「ブラッキー」は無敵のエレギである。この「ブラッキー」のライブでの音を心ゆくまで楽しめるところも、この『Crossroads 2』の素晴らしいところ。

3月12日発売の新譜『Old Sock』を入手するまでに、ちょっとクラプトンを聴き直さんとなあ。特に、21世紀に入ってからのクラプトンとは疎遠になっているので、ちょっと詰めておかなきゃあかんなあ、と気合いを入れ直している。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。 
 

« タイトルずばり『Free Jazz』 | トップページ | ECのお気に入りな作品の一枚 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/49801655

この記事へのトラックバック一覧です: クラプトンを聴き直さんとなあ:

« タイトルずばり『Free Jazz』 | トップページ | ECのお気に入りな作品の一枚 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ