最近のトラックバック

« カールトンの初アコギ盤 | トップページ | ズバリ『これが我々の音楽だ』 »

2013年3月 5日 (火曜日)

盤の邦題は『世紀の転換』

オーネットの盤には仰々しいタイトルの盤が多い。Ornette Coleman『Change of Century』(写真左)。この盤の邦題は『世紀の転換』。なんのこっちゃ(笑)。意味不明な邦題である(笑)。でも、中身はオーネット独特のハードコアな限りなくフリーな純ジャズ。

アトランティック・レーベル第2弾のリーダー作。1959年10月の録音。パーソネルは、Don Cherry (cor), Ornette Coleman (as), Charlie Haden (b), Billy Higgins (ds)。鉄壁の4人である。『The Shape Of Jazz To Come(ジャズ来るべきもの)』が、1959年5月の録音だから、この代表的名盤と同じ年の録音になる。ちなみにパーソネルも一緒。

同じ年の一連の録音なので、内容的には『ジャズ来るべきもの』と同じ流れである。そんなにフリーに吹きまくっている訳でも無いし、アブストラクトに構えている訳でも無い。基本的に、ハードバップのルーティンに則って、コード進行も従来のルーティンでは無いにしろ、拗くれながらちゃんと存在するし、変則的ではあるが、定型なリズム&ビートも存在する。しっかりとした取り決めに則った演奏であることには違いない。

しっかりとした取り決め、と言っても、しっかりとアレンジメントされている訳ではなさそう。ソロを取る所要時間の割り振りとか、テーマ含めた、拗くれたコード進行も一応合意している程度の取り決めだと思う。後は、出来るだけ「自由」に演奏しよう、既成の決め事に則らずに、自分の感覚、自分のテンポで演奏してみよう、という感じの「演奏時の心得」みたいなものがあっただけではないか、と睨んでいる。
 

Change_of_the_century

 
オーネットのアルトのインプロビゼーションは、軽快な高速フレーズの連発で、ジャズの奏法としては「ビ・バップ」を踏襲するものだといえよう。チャーリー・パーカーばりの高速フレーズの連発ではあるが、そのフレーズは既成概念を取っ払った、いかにも自由なもの。というか、自由に吹いている様に聴こえる様に、ちゃんと考えて吹いていると言った方が良いかも知れない。全曲、通して聴くと、どの曲も十分に計算され考慮された雰囲気がプンプンする。 

オーネット・コールマンが描いた「フリー・ジャズ」は、このアトランティック・レーベル第二弾の『Change of Century』で、一旦の完成を見たのではないか。非常にこなれて非常に整った内容である。オーネットの「フリー・ジャズ」のフリーは、出来るだけ「自由」に演奏しよう、既成の決め事に則らずに、自分の感覚、自分のテンポで演奏してみよう、という感じの「フリー・ジャズ」である。基本的に「既成概念の打破」という思想が、それぞれの演奏に織り込まれている。

この『Change of Century』は、先のアトランティック・レーベル第1弾のリーダー作である『The Shape Of Jazz To Come(ジャズ来るべきもの)』と対で聴いて頂きたいですね。当時の「オーネットの考えるフリー・ジャズ」がしっかりと理解出来ること請け合いです。意外と純ジャズしていて、ちょっと捻れた、ジャズとして美しい演奏の数々です。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。 
 

« カールトンの初アコギ盤 | トップページ | ズバリ『これが我々の音楽だ』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/50368307

この記事へのトラックバック一覧です: 盤の邦題は『世紀の転換』:

« カールトンの初アコギ盤 | トップページ | ズバリ『これが我々の音楽だ』 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ