最近のトラックバック

« ブレッカー・ブラザーズの代表作 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・19 »

2013年2月 6日 (水曜日)

良い音を聴かせて貰った・・・

緊急入院する直前にリリースされた新譜で、これは注目、これは聴かなきゃ、と思っていた盤がある。

市原ひかり『Precioso』(写真左)。市原ひかり (tp,flh), 佐藤浩一 (p)のデュオ。トランペットとピアノの異色のデュオの作品。

トランペットを担当するのは、市原ひかり。日本の女性ジャズ・トランペッター。正統派でウォームなトランペットとアレンジの才が個性。既に6枚のリーダー作をリリース。彼女のリーダー作はいずれの盤も外れ無し。テクニックも高く、彼女のトランペットは安心して聴き込むことが出来る。

ピアノを担当するのは、佐藤浩市。1983年生まれ、今年30歳の若手ジャズ・ピアニスト。2005年夏より渡米し、ボストンのバークリー音楽大学に留学。レイ・ブライアントの様な低音とアタックの効いた左手が「あっさり目ファンキー」。日本人のレイ・ブライアントって感じのピアノがなかなか良い。

トランペットとピアノのデュオであるが、いろいろ記憶を辿ってみたが、僕には記憶が無い。そもそもトランペッターが他の楽器とデュオをやるということが希少なのだ。しかし、こうやって聴いてみると、なかなか良い。というか、実に良い。異色の組みあわせではあるが、違和感は全く無い。

収録曲は以下の通りとなる。トランペットの映える曲を上手くチョイスし、デュオ演奏としてのアレンジが冴える。
 

Hikari_ichihara_precioso

 
1 Precioso (Koichi Sato)
2 Seven Steps To Heaven (Miles Davis/Victor Feldman)
3 I'll Be Seeing You (Irving Kahal/Sammy Fain)
4 Zingaro (Antonio Carlos Jobim)
5 So Near So Far
(John Anthony/Tony Crombie/Benny Green/Bernard Green)
6 Afternoon In Paris (John Lewis)
7 Where Or When (Lorenz Hart/Richard Rodgers)
8 The Good Life (Sacha Distel)
9 Cup Bearers (Tom McIntosh)
10 Amsterdam Avenue (Hikari Ichihara)
11 Bitter Sweet (Don Sebesky)

即興の妙が存分に味わえる。デュオを演奏するテンションが半端じゃない。思いっきりジャジーな市原のトランペットに、あっさり目の左手のファンクネスが洒落た佐藤のピアノ。どっぷりジャズに浸かることは無く、といって、耳当たりの良いイージー・リスニングには決して走らない。 

11曲全編に渡って、じっくりと聴かせる「テンションとテクニックと歌心とアレンジ」が素晴らしい。あっと言う間の11曲、あっと言う間の50分である。聞けば、二人が、3年をかけてライブを重ね音を練ってきたとっておきのデュオ演奏とのこと。なるほど、と納得。

良いアルバムです。異色のデュオに良い音を聴かせて貰いました。出来たらライブ演奏が聴きたいですね。なかなか時間と場所が合わないのが困りものです。DVDで良いから、ライブ演奏を見たいですね。いや〜良い演奏を聴きました。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ブレッカー・ブラザーズの代表作 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・19 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/49225514

この記事へのトラックバック一覧です: 良い音を聴かせて貰った・・・:

« ブレッカー・ブラザーズの代表作 | トップページ | ビッグバンド・ジャズは楽し・19 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ