« ビリー・ハーパーをもう一丁 | トップページ | このライブ盤も程良い「耳休め」 »

2013年2月26日 (火曜日)

「耳休め」のハードバップ

最近、コルトレーンのフォロワーの結構ハードなジャズを聴いてきたので、ここらでちょっと一休み。コッテコテのハードバップ・ジャズを聴いてみたりする。

で、選んだアルバムが、Milt Jackson『Bags & Flutes』(写真左)。タイトルの「Bags」はミルト・ジャクソンのあだ名。タイトルを読み解くと「ミルト・ジャクソンとフルート達」となる。「Flutes」という複数形なところが「ミソ」。

1957年5月21日、6月10日と17日の録音。ちなみにパーソネルは、Milt Jackson (vib), Bobby Jaspar (fl,tracks 1/7), Frank Wess (fl,tracks 2-6), Tommy Flanagan (p,tracks 1/7), Hank Jones (p,tracks 2-6), Kenny Burrell (g), Percy Heath (b), Art Taylor (ds)。

ギターのバレルとベースのヒース、そして、ドラムのテイラーは固定。フルートは2人いる。ボビー・ジャスパーとフランク・ウエス。ジャスパーがフルートの時のピアノはフラナガン、ウエスがフルートの時のピアノはハンク・ジョーンズ。まあ、簡単に言うと、フルートのボビー・ジャスパー+フランク・ウエスとヴァイブのミルト・ジャクソンとの共演。

フランク・ウエスとミルト・ジャクソンとの共演と言えば『Opus De Jazz』という大名盤があるんだが、このアルバムでは、7曲中5曲の共演となっている。『Opus De Jazz』が1955年10月28日の録音だから、この『Bags & Flutes』は再会セッションっていうことになるのかな。
 

Bags_flutes

 
この『Bags & Flutes』は、実に寛いだ味のあるセッション集。細部に拘らず、アレンジも大雑把で、とにかく、ドバーッとハードバップなセッションを繰り広げるんで、どちらかと言えば大味なセッション集です。決して、名盤の類のアルバムではありませんが、どうして、なかなか魅力的な内容を隠し持っている魅力的な盤です。

ミルトはヴァイブを叩きまくり、ドライブ感抜群。ジャスパーもウエスもフルートを全開で吹くまくる。バレルのギターも太くて黒くて派手なフレーズを弾きまくり、テイラーはファンキーなビートを叩き出す。ヒースのベースだけが冷静にセッション全体を締めて、セッションの底を支えています。

ミルトの丸くて転がるようなドライブ感のあるヴァイブとウエス&ジャスパーの切れ味良いストレートな吹きっぷりのフルートの音色って相性が良いですよね。

録音も音が割れ気味で、あまり良く無いんですが、アルバムの演奏全体からは、ハードバップの覇気とようなものがビンビンに伝わってきます。適度にリラックスして、適度なドライブ感があり、そこはかとなくテクニックを忍ばせ、アンサンブルをバッチリ決める。いや〜、このアルバム、実にハードバップですよね〜。

ジャケット・デザインも直接的で大雑把。ミルト・ジャクソンの代表的名盤に名を連ねる盤ではありませんが、たまに引きずり出してきては繰り返し聴く、そんな長いスパンでの「ヘビロテ盤」ではあります。意外と気に入っています。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ビリー・ハーパーをもう一丁 | トップページ | このライブ盤も程良い「耳休め」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「耳休め」のハードバップ:

« ビリー・ハーパーをもう一丁 | トップページ | このライブ盤も程良い「耳休め」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー