最近のトラックバック

« フォーカスは捨てておけない存在 | トップページ | 8年ぶりのショーターの新作 »

2013年2月17日 (日曜日)

フォーカスというバンドの個性

今日も昨日に引き続き、欧州はオランダ発のプログレ・バンド、フォーカス(Focus)のお話しを。

さて、フォーカスのアルバムを見渡すと、駄作・凡作の類が無いのが判る。そんな中で、まず、このフォーカスというバンドの個性をまとめて感じることが出来るアルバムが、彼らの2枚目の出世作『Moving Waves』(写真左)だろう。

アルバム・ジャケットだけを見ると、恐らく、皆さん、触手が伸びないでしょうねえ。ピンク基調の波の写真の下方にメンバー4人のポートレートがレイアウトされている。ああ、何て趣味の悪いジャケット・デザインだろう。とても優れたプログレのアルバムとは思えない。でも、中身は確かなので、ご安心を(笑)。

さて、趣味の悪いジャケットはさておき、このアルバムは、フォーカスの代表作であり、フォーカスというバンドの個性の全てが詰まっている秀作である。

フォーカスというバンドの個性とは、欧州はオランダ出身のバンドなところで、プログレな演奏のメインは、クロスオーバーなジャズ・テイストであったり、クラシックな旋律であったりする。時に、ヨーロッパの民族音楽風なテイストも見え隠れする。このいかにもヨーロピアンな音作りが,フォーカスの個性。

しかも、演奏テクニックは優秀。1970年代前半に活躍したバンドの中でも上位に位置づけられるテクニックの確かさ。既に、このセカンド・アルバムで、爽やかな、アルバム表題曲をはじめとして、フォーカスの個性は完成されている。
 

Focus_moving_waves

 
軽快、かつ、なんとなくヨーロピアンなロックンロールにのって、タイスの壮絶なヨーデル・ボイスが絡みまくる「Hocus Pocus(悪魔の呪文)」で、冒頭から盛り上がるんですが、この曲の、ハードで捻れたなギターのリフと変てこりんなヨーデル風スキャットを初めて聴いた時には、すっごく戸惑います、というか「絶句」する方が多いでしょうね(笑)。

時に、ヨーロッパの民族音楽風なテイストも見え隠れする、フォーカスの個性と言えば個性なんですが。でも、演奏力は確かです。かなり難度の高いこの曲をいとも容易く演奏しています。

しかし、そこはご安心。2曲目以降はしっかりと「落ち着きます」。2曲目「Le Clochard(ル・クロシャール)」から「Janis」、「Moving Waves」とクラシック風の印象的な旋律をベースに、流麗なバラード調の小作品が続きます。この3曲に、米国ロックや英国ロックでは味わえない、典雅で流麗な欧州プログレ・サウンドをしっかりと感じることが出来ます。フォーカスというバンドの個性です。

そして、フォーカスの数ある楽曲の中で名曲として名高い「Focus II」のダイナミックな展開としっとりとした芳しい叙情性に感じ入るばかり。とにかく、このアルバムには、ヨーロッパの香りがプンプンして、僕のような英国を含む、ヨーロッパ指向の人間にはたまらない。

LP当時、B面全てを占めていた、トータル時間23分の大作「Eruption」は、即興性の高い、クロスオーバー・ジャズ風のインプロビゼーションが展開される。インスト・バンドとしてのフォーカスの真骨頂である。クラシック風の曲の構成、底に漂うロマンティシズム、ダイナミックなロック・ビート、インプロビゼーションにおけるジャズ風の即興性、フォーカスというバンドの持つ個性がこの大作に詰まっている。

フォーカスを何か一枚と言われたら、まず、このアルバムをお勧めです。プログレ・ファン、ジャズロック・ファンの方々には、ジャケット・デザインにびびらずに、一度は聴いて頂きたいアルバムの一枚です。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 
 

« フォーカスは捨てておけない存在 | トップページ | 8年ぶりのショーターの新作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/49468244

この記事へのトラックバック一覧です: フォーカスというバンドの個性:

« フォーカスは捨てておけない存在 | トップページ | 8年ぶりのショーターの新作 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ