« フォーカスというバンドの個性 | トップページ | 急がば回れのビリー・ハーパー »

2013年2月18日 (月曜日)

8年ぶりのショーターの新作

Wayne Shoterの『Without a Net』(写真左)。サックスの巨人、ウェイン・ショーター、43年ぶりのブルーノートへの復帰作。ショーターって80歳。そんなショーターの力作である。

2005年、Verveからリリースされた『Beyond the Sound Barrier』から8年ぶりになる新作である。もともと寡作のショーター、宇宙と通信出来ないとアルバムを出さないのかもしれない(笑)。

僕がジャズを聴き出した頃、今を去ること35年ほど前、ジャズ・テナーの第一人者は、10年ほど前に亡くなったコルトレーン。続くは、ウェザー・リポートに参加していたウェイン・ショーター。僕はウェザー・リポートが大好きだったので、ウェイン・ショーターには早くから馴染みがあった。

しかし、コルトレーンは判り易さと難解さが混ざり合っていて、ジャズ者初心者でも何とか判る部分があるんだが、ウェイン・ショーターは難解。ウェザー・リポートのウェイン・ショーターは、ウェザー・リポートに合わせているので、まだ判り易いが、ウェイン・ショーターのリーダー作は「ちょっと難解」。

リーダー作のショーターは、限りなくフリーな、思いっきりモーダルなインプロビゼーションと、完全にフリーなインプロビゼーションが中心。そりゃあ、ジャズ者初心者には判り難いよな。
 

Wayne_without_a_net

 
『Without a Net』は、去年10月〜11月の欧州ツアー時のライヴ録音が中心。凄い演奏がてんこ盛り。ちなみにウェイン・ショーター・カルテットのパーソネルは、Wayne Shorter (ss,ts), Danilo Perez (p), John Patitucci (b), Brian Blade (ds)。素晴らしい人選ですね〜。素晴らしいリズム・セクションです。

さて、今回のショーターの新譜『Without a Net』、冒頭の「Orbits」を聴くと直ぐに判る。あの頃のショーターが帰ってきた。バリバリ尖っていた、1960年代後半から1970年代のショーターが戻って来た。思いっきりモーダルで、完全にフリー。凄まじいテンションで、バリバリに吹きまくっている。

ちなみに、6曲目の20分を越える「Pegasus」だけは、それ以前に、ロサンゼルス、ウォルト・ディズニー・コンサートホールで、木管五重奏団のイマニ・ウィンズを迎えて録音されたもの。音の叙情詩の様な演奏。これも「あの日のショーター」。

決して判り易い演奏ではありません。しかし、即興演奏としてのジャズを改めて想起させてくれる、徹頭徹尾、即興演奏の素晴らしさが満載です。典型的なジャズ・インプロビゼーションがこのライブ盤にギッシリと詰まっています。ジャズ者10年選手、ジャズ者中堅〜ベテラン向けの難易度ですね。

このライブ盤の演奏は、ジャズに聴き馴れ、ジャズをまずまず理解したジャズ者の方々にとっては、脳髄にガツンと来る様な即興演奏です。繰り返し聴けば聴くだけ、新しい発見があるようで、どうもこのショーターの新譜は、暫くヘビーローテーションになりそうな気配です。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« フォーカスというバンドの個性 | トップページ | 急がば回れのビリー・ハーパー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8年ぶりのショーターの新作:

« フォーカスというバンドの個性 | トップページ | 急がば回れのビリー・ハーパー »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー