« 良い音を聴かせて貰った・・・ | トップページ | ペッパーの「東京デビュー」記録 »

2013年2月 7日 (木曜日)

ビッグバンド・ジャズは楽し・19

ビッグバンド・ジャズの要はアレンジ。それもアンサンブルのアレンジ。そして、ユニゾン&ハーモニーのアレンジ。ソロイストのアドリブの自由度をしっかり確保しつつ、アンサンブルは心地良くアレンジされ、バシッと決まる。ビッグバンド・ジャズの快感である。

このアルバムを初めて聴いた時、アレンジって重要やなあ、思った。Manhattan Jazz Orchestra『Bach 2000』(写真左)。

我らがDavid Matthews(デビッド・マシューズ)率いるジャズ・オーケストラ、マンハッタン・ジャズ・オーケストラ。名うての腕利きジャズメン達が集う、どうしようもなく「上手い」ビッグバンド。そんな、どうしようもなく「上手い」ビッグバンドが、クラシックの「音楽の父」バッハの楽曲を演奏する。

クラシックのジャズ化は「諸刃の剣」。アレンジ次第で素晴らしい出来にもなるし、チープで平凡な出来にもなる。ジャズは即興の音楽。譜面通りに演奏するクラシックの楽曲を、どうやってジャズの楽曲に仕立て直して演奏するか。アレンジされたアンサンブルとソロイストが展開するアドリブとの組合せ。クラシックのジャズ化の成否は「アレンジ」が握る。

しかし、そこは我らがデビッド・マシューズ。マシューズは、どんなジャンルの音楽もビッグバンドの素材にしてしまう豪腕の持ち主である。

マシューズのアレンジの特徴は、クラシックをジャズ風にアレンジするのでは無く、クラシックの楽曲の素材を取り込んで、全くのジャズ曲にアレンジしてしまうところ。演奏を聴いて、クラシックの楽曲をベースにしたのが判らない曲もある位だ。
 

Mjo_bach2000

 
このアルバム『Bach 2000』には、全くのジャズ曲に変身したバッハの名曲がズラリ。ちなみに収録された曲は以下の通り。

1.Toccata And Fuge
2.Air On The G String
3.Invention No.4
4.Kyrie
5.Menuet (A Lover's Concerto)
6.Siciliano
7.Fuge No.2

冒頭の「トッカータとフーガ」を聴けば、マシューズのアレンジの素晴らしさとジャズ・オーケストラの上手さが良く判る。確かに「トッカータとフーガ」と言われればそうか、と思うが、アンサンブルの展開部のところなど、全くジャズ化されている。それでも、キーの進行や旋律の展開は「トッカータとフーガ」を上手く踏襲しているのだから、我らがマシューズ、凄い。

2曲目は、かの有名な「G線上のアリア」である。が、この曲だけはジャズ化に失敗しているなあ。この曲はジャズ化に全く向かないバッハだろう。この難曲のジャズ化アレンジに挑んだ、マシューズのチャレンジ精神には敬意を表するが、やっぱり、この曲はあかんやろう。この曲だけは、このアルバムの中で「ご愛嬌」(笑)。

2曲目の「G線上のアリア」を除いて(笑)、他の演奏については、それはそれは格好良い演奏に痺れます。ビッグバンド・ジャズの要であるアンサンブルのアレンジ、そして、ユニゾン&ハーモニーのアレンジ、そんな格好良いアレンジを心ゆくまで楽しめます。ジャズ・オーケストラのブラスの響きも素晴らしい。

ビッグバンド・ジャズの楽しさをリラックスして感じることが出来る佳作です。クラシックが素材だからと言って避けることなかれ、です。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 良い音を聴かせて貰った・・・ | トップページ | ペッパーの「東京デビュー」記録 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビッグバンド・ジャズは楽し・19:

« 良い音を聴かせて貰った・・・ | トップページ | ペッパーの「東京デビュー」記録 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー