最近のトラックバック

« 久保田早紀『夢がたり』を聴く | トップページ | 一度だけの「素晴らしい出会い」 »

2013年1月23日 (水曜日)

ロックな『CREATION』を聴く

1970年代前半〜中盤にかけて、日本では、ちょっとした「日本人ロック」のブームだった。欧米の商業ロックに刺激を受けて、日本人自らが日本人の感性でロック・バンドを立ち上げた。そんな中に「クリエイション」というバンドがある。

クリエイションは、ブリティッシュ・ロックの雄、エリック・クラプトンらのホワイト・ブルースに傾倒したギタリスト・竹田和夫を中心に1969年に結成されたブルース・クリエーションを前身としている。竹田は、このブルース・クリエイションをアルバム一枚で解散。単身、ロンドンに渡り、武者修行を重ねた竹田は、英国から帰国後、1974年にクリエイションを結成。

結成当時のメンバーは、竹田和夫 (g)、飯島よしあき (g)、松本茂 (b)、樋口晶之 (ds)の4人。ブルージーなツイン・ギターと走り抜けるような疾走感が特徴のバンドだった。日本では珍しいというか、振り返ってみると唯一無二の存在でしたね。

クラプトンらのブルースロックに傾倒しているという触れ込みでしたが、竹田+飯島でなるクリエイションのツインギターの印象の方が強くて、ブルースロックというよりは、当時、ブリティッシュ・ロックで人気を博していた「ウイッシュボーン・アッシュ」のコピー・バンドという印象の方が今でも強い。今回は、そんなクリエイションのファーストアルバムについて語ります。

さて、このデビュー盤『CREATION』(写真左)、1975年のリリースになる。冒頭のイントロは「なんだなんだ、グループサウンズか〜」とのけぞってしまう様な、ノスタルジックなフレーズ。この一曲目『YOU BETTER FIND OUT』の、1960年代グループ・サウンズ風なレトロな響きの前奏に失望してはならない。間奏の小粋なツイン・リードまで、「カタカナ英語」のボーカルにもジッと耐えることだ。
 

Creation_1

 
当時、日本のバンドが英語で歌うのが流行っていた時代で、そのなかでも、クリエイションは、結構格好良かった。彼らのルーツは、エリック・クラプトンらのホワイト・ブルース。聴きこんでいくと、それが手に取るように判る。ちょうど、1970年代前半のブリティッシュ・ロック。ブルースとスワンプとが、まぜこぜになって、そして、適度にレイドバックしている。

そして、どう聴いても、ウイッシュボーン・アッシュのパクリとしか思えないツイン・リード。でも、どれもが、完全コピーでは無く、十分にオリジナリティーを感じさせるのが、このバンドの良いところ。当時は、このツイン・リードが堪らんかったなあ。そして、竹田のギタ・テクは凄く格好良かった。ギターバンドの極みである。

ところどころ、なんとなく歌謡曲風していて、なんとなく、1960年代後半のグループ・サウンズ風のフレーズが見え隠れしたりする。これって、当時の日本人ロック独特の、日本人ロックの個性である。リアルタイムで聴いていた若かりし頃は、これがなんとなく気恥ずかしかったんだが、今では、これが「日本人ロックの個性」と評価できる。うん、年を取るのも悪くないなあ(笑)。

しかし、「カタカナ英語」のボーカルは弱い。ジャズ・ボーカルと同様に、やはり発音は重要やね。ホワイト・ブルースを踏襲するなら、もう少し、発音の上手いボーカルを配しておればと悔やまれる。

「俺は所詮Yellowだけど、この国にだって、Bluesはあるんだぜ」。このアルバムを締めくくる曲『BLUES FROM THE YELLOW』にはそんなフレーズが出てくる。これには、当時、いたく感動した。今では、「そんなにツッパらなくても良い、日本人の音には日本人の音なりに、他の国に真似できないクールな面がある」と思うんだが、当時は、外国の音に対して、密かな「劣等感」があったからね。

全編通じて、今の耳で聴いても、良い出来のロック・アルバムだと思います。1970年代Jポップ者の方々に、是非、一度は聴いて欲しいアルバムのひとつです。特に、ギターバンドが好きな方にはお勧め。結構「はまります」。

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 久保田早紀『夢がたり』を聴く | トップページ | 一度だけの「素晴らしい出会い」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/48910387

この記事へのトラックバック一覧です: ロックな『CREATION』を聴く:

« 久保田早紀『夢がたり』を聴く | トップページ | 一度だけの「素晴らしい出会い」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ