最近のトラックバック

« フュージョン時代のハバード | トップページ | 実にハードバップなコルトレーン »

2013年1月17日 (木曜日)

ジャズ喫茶で流したい・40

ジャズの世界で人気のあるモダン・ジャズの演奏スタイルは「ハードバップ」だろう。「ハードバップ」は、アメリカ東海岸を中心に、1950年代半ばをピークに1960年代まで続いた演奏スタイルで、ソロのアドリブ演奏面において、ロング・プレイが基本を基本とし、ハードドライビングしつつ、メロディアスに洗練されたインプロビゼーションが特徴のスタイルである。

と言われても何のこっちゃ判らないのが、ジャズのややこしいところ。これは模範となる演奏を聴いて貰った方が手っ取り早い。我がバーチャル音楽喫茶『松和』において、「マスター、ハードバップでどんな演奏ですか」と問われた時に、聴いて貰うアルバムが何枚かあります。そんな「ハードバップが手に取るように判る」アルバムの一枚が、Red Garland『Soul Janction』(写真左)です。

1957年11月15日の録音。1957年と言えば、ハードバップ時代の「ど真ん中」。アルバムの全ての演奏が、ハードバップのサンプルの様な演奏です。ちなみにパーソネルは、Donald Byrd(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), George Joyner(b), Art Taylor(ds)のクインテット編成。テナーに若き日のジョン・コルトレーンが入っていることが目玉です。

冒頭のタイトル曲「Soul Janction」を聴くと、「ああ、これはハードバップやなあ」と思わず感嘆の溜息が漏れます。それほど、ハードバップした演奏です。曲の前半部は、ガーランドを中心とするピアノ・トリオな演奏で、ゆったりとしたテンポで、しっかりとテンション張りつつ、ジャジーでファンクネス仄かに漂う、実にコクのあるピアノ・トリオな演奏を展開しています。このピアノ・トリオな展開だけでも、十分にハードバップしていますね。
 

Soul_janction_40

 
そして、曲の後半部に入るや否や、テナーのコルトレーンがブワーッと入ってきて、個性溢れるインプロビゼーションを展開するところなんざあ、鳥肌モノ。音符を敷き詰めるように高速に吹き上げる「シーツ・オブ・サウンド」は控えめに、朗々とテナーを吹き上げていくコルトレーンは絶好調。すぐにコルトレーンと判る個性、そしてハイテクニック。やっぱり、コルトレーンって凄いですね。

この冒頭のタイトル曲「Soul Janction」の曲全体の所要時間が15分30秒。ハードバップの前の流行の演奏スタイルだった「ビ・バップ」が、1曲当たり3分程度だったことを考えると、かなりのロング・プレイです。このロング・プレイの中で、しっかりとアレンジされた曲展開と、それぞれのジャズメンのインプロビゼーションが心ゆくまで展開される。これぞ「ハードバップ」です。

2曲目以降の曲も、1曲当たり6分30秒から7分30秒程度の、やはり「ロング・プレイ」な演奏ばかりで、このロング・プレイの中で、それぞれのジャズメンは心ゆくまで、それぞれの技術の粋を尽くして、ロング・プレイなインプロビゼーションを展開していきます。このアルバムの良さは、参加ジャズメンが皆、絶好調な演奏を聴かせてくれる点です。特に、テナーのコルトレーンとトランペットのドナルド・バードの演奏は白眉です。

このアルバムの中に詰まっているそれぞれの演奏は、本当に強く「ハードバップ」な演奏スタイルを感じさせてくれます。何度聴いても飽きない佳作でしょう。ジャケットも何かと問題のあるプレスティッジ・レーベルのジャケット・デザインからすると秀逸な出来で、このジャケット・デザインからも、しっかりと「ハードバップ」な雰囲気を感じ取ることが出来ます。良いアルバムです。 

 
 

大震災からもうすぐ2年。でも、決して忘れない。常に関与し続ける。
がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 


 

« フュージョン時代のハバード | トップページ | 実にハードバップなコルトレーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/48798330

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・40:

« フュージョン時代のハバード | トップページ | 実にハードバップなコルトレーン »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ