« ジャズ喫茶で流したい・39 | トップページ | 臨時休業が続いております »

2012年11月29日 (木曜日)

ノラのルーツ・ミュージック

僕は米国ルーツ・ミュージックのテイストが大好きだ。カントリー・フォーク、カントリー&ウエスタン、ブルース、ゴスペル等々。アーシーでファンキーかつフォーキーなテイストが大好きなのだ。

Norah Jonesの単独名義のサード・アルバム『Not Too Late』(写真左)など、そんな米国ルーツ・ミュージックのテイストでガッチリと固められていて、それはそれは素敵な音世界。

しかも、リズム&ビートが良い。ゆったりとした、ミドル・テンポからスロー・テンポの曲がほとんど。これが良い。ゆったりとリラックスしまくって聴ける。

そんな米国ルーツ・ミュージックどっぷりなバック・バンドを背に、しっとりとした心地良い中音が魅力なノラの歌声が爽やかに、ゆったりと流れていく。決してケバケバしくない。決して喧しくない。決して派手なところはなく、どちらかと言えば地味。

しかし、地味な雰囲気ではあるが、しっかりした玄人好みの渋さの中に、ポッカリとノラのボーカルが浮かび上がる。
 

Not_too_late

 
こんな雰囲気のアルバム、既に20世紀の時代にあったかと思うが、実はそうでは無い。ありそうで無かったノラの『Not Too Late』の音世界。このアルバムの雰囲気はもはやジャズでは無い。

明らかに米国ルーツ・ミュージックではあるが、といって、カントリーでも無ければ、フォークでも無い。ブルースでも無ければポップスでも無い。ジャンル不詳の「ノラ・ミュージック」である。

しかし、この圧倒的な寛ぎ感はどうだろう。そんな寛ぎ感の中で、しっとりとしたノラの堂々たる歌いっぷり。晩秋から冬のシーズンにぴったりの、落ち着き払ったアーシーな歌声。アコースティックな楽器がこれほど映えるアルバムも珍しい。

でも、ジャンル不詳な、様々な音楽性がごった煮になるって、やっぱりジャズのバリエーションと捉えても良いかな。とにかく、アルバムをずっと聴き通していると、しっかりと米国を感じることが出来る、米国のルーツ・ミュージックを感じることが出来る、素晴らしく素敵なノラのアルバムです。

とにかく音楽ジャンルに関係無く、全ての音楽好きの方々に、こっそりとお勧めです。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・39 | トップページ | 臨時休業が続いております »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノラのルーツ・ミュージック:

« ジャズ喫茶で流したい・39 | トップページ | 臨時休業が続いております »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー