« こんなアルバムあったんや・14 | トップページ | 続・ジャズ界の「不思議ちゃん」 »

2012年11月 1日 (木曜日)

ジャズ界の「不思議ちゃん」

よくよく、彼のキャリアを振り返って見れば、ちょっとした「不思議ちゃん」では無いでしょうか。その彼とは「ウェイン・ショーター(Wayne Shorter)」。

あるジャズ雑誌の記事で、元マイルス・バンドの盟友ハービー・ハンコックが、「ウェインは宇宙と交信できると言っている。時々会話もしているみたいだ」といったようなことを語っていました。確かに、ウェイン自身のインタビュー記事でも「俺は宇宙と交信して、その交信を介して音楽を演奏している」なんてことを言っていた。

確かに、ウェインの「宇宙との交信」については、何となく判る様な気がする。ウェインがリーダーとして演奏するアルバムの中で、その内容が「宇宙的な浮遊感と自然の音を題材にした様な」フリーキーな演奏をメインにしたアルバムが幾枚かある。

その一枚が『Odyssey of Iska』(写真左)。1970年8月26日の録音。ちなみにパーソネルは、Cecil McBee, Ron Carter (b), Al Mouzon, Billy Hart (ds), Gene Bertoncini (g), Frank Cuomo (per), Wayne Shorter (ts,ss), Dave Friedman (vib,marimba)。

収録された曲のタイトルを並べてみると、「宇宙的な浮遊感と自然の音を題材にした様な」という雰囲気が「もろ判り」である。ジャズのアルバムに収録した曲のタイトルとして、これだけでもウェインは「不思議ちゃん」である。

1. Wind
2. Storm
3. Calm
4. De Pois Do Amour O Vazio
5. Joy
 

Odyssey_of_iska

 
宇宙に繋がる「風や大地、そして地球」を題材にしたフリー・ジャズ、といった内容です。1970年と言えば、コルトレーン亡き後、フリー・ジャズがジャズのフォーマットとして定着した時代ですが、さすが宇宙と交信するミュージシャンであるウェイン、周りと同じアプローチにフリー・ジャズは絶対にしません(笑)。

この宇宙に繋がる「風や大地、そして地球」を題材にしたフリー・ジャズというのが、ウェインの考えるフリー・ジャズなんですね。この宇宙に繋がるフリー・ジャズについては、後の時代、フォロワーはいません。これはもうウェイン・ショーターの専売特許です。

ウェザー・リポートの音楽性に繋がるなんて評価もありますが、とんでも無い。このアルバムでのウェインのフリー・ジャズは完全に孤立しています。孤高のフリー・ジャズ。ウェインの音楽キャリアの中でも、他の演奏内容と一切関連の無い、ウェインの中でも独立した唯一無二な音世界。

4曲目の「De Pois Do Amor, O Vazio」(恋の終わりは空しい)は、本作中唯一のカヴァー曲。ボサノバ調の柔軟な曲で、リズム&ビートの作り方、演奏の展開、適度なテンション。完成度は高い。

この曲があるからこそ、他の宇宙に繋がる「風や大地、そして地球」を題材にしたフリー・ジャズが映える。逆に、宇宙に繋がる「風や大地、そして地球」を題材にしたフリー・ジャズがあるからこそ、この「De Pois Do Amor, O Vazio」のボサノバが映える。

これがウェインの考えるフリー・ジャズである。宇宙との交信の成果である。このフリー・ジャズは唯一無二。ウェインにしか為し得ないフリー・ジャズ。しかし内容の難易度は高い。ジャズ者上級者向け。しかし、ウェインを理解するには避けて通れない。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« こんなアルバムあったんや・14 | トップページ | 続・ジャズ界の「不思議ちゃん」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ界の「不思議ちゃん」:

« こんなアルバムあったんや・14 | トップページ | 続・ジャズ界の「不思議ちゃん」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー