« アコ・マイルスの最高傑作である | トップページ | 幻のスーパーグループだけど »

2012年10月12日 (金曜日)

ロリンズ流のフリー・ジャズ

テナー・タイタン、ソニー・ロリンズは、ジャズ・ミュージシャンの経歴の中で、なんと3度も雲隠れしている。

1回目の雲隠れは1954年から1955年の1年間。何故そう感じかは判らないが、多忙の中で自分の音楽を確立する機会を失してしまうと感じたそうで、ニューヨークからシカゴへ引きこもりました。う〜ん、その真の理由が良く判らない。

2回目は1959年。ライバルであったジョン・コルトレーンが台頭し、この陰に怯えたロリンズは再び雲隠れ。この雲隠れの間は、テナーのテクニックの自己研鑽を積む為、ニューヨークのウィリアムズバーグ橋の上で、来る日も来る日も楽器を吹いていた、という逸話は実に有名なところ。

3回目の雲隠れは1969年。この雲隠れは2年半にもおよび、ロリンズもいよいよ本当に引退かと噂された雲隠れでした。

この3回目の雲隠れが見えてきた、雲隠れのリーダー作2枚前のアルバムである。そのタイトルは『Alfie』(写真)。1966年のイギリス映画『Alfie』のサウンドトラックを、独自のアレンジでスタジオ作として吹き込まれたもの。決して、サウンドトラックとして映画に採用されたものでは無い。

独自のアレンジという部分は、当時、売れっ子だったオリバー・ネルソンにアレンジを託している。このオリバー・ネルソンのアレンジは、ちょっと時代を感じさせる「古さ」が漂うが、それはそれとして、ジャズの歴史的成果としては、なかなか鑑賞に耐える、素性の確かなアレンジではある。
 

Sonny_rollins_alfie

 

1966年1月26日の録音。コルトレーンがフリー・ジャズに突入して、絶大なる人気を誇っていた頃である。実は、ロリンズにはフリー・ジャズは似合わない。ロリンズ自身もそれを判っていた。そこで、サウンド・トラックの焼き直しで、自身のテナーの見つめ直しを図っている。

オリバー・ネルソンのアレンジをバックに、朗々と吹き上げていくロリンズのテナーは、実に「らしく」て良い。冒頭の「Alfie's Theme」のロリンズのテナーを聴くだけで、やはり、ロリンズのテナーは「歌心」に尽きる、と確信する。フリー・ジャズなんてなんぼのもんじゃい。このアルバムでのロリンズは、伝統的なジャズ・インプロビゼーションのど真ん中を行くものだ。

ちなみにパーソネルは、J.J. Johnson (tb -1,2) Jimmy Cleveland (tb -3/6) Phil Woods (as) Robert Ashton, Sonny Rollins (ts) Danny Bank (bars) Roger Kellaway (p) Kenny Burrell (g) Walter Booker (b) Frankie Dunlop (ds) Oliver Nelson (arr, cond) 。当時の先進的なモダン・ジャズの名うてミュージシャン達がズラリと並ぶ。 

この優れたメンバーのバック演奏の上を、自由にテナーで吹き進めるロリンズ。マイペースでバッキングを無視したように吹きまくる様は、伝統に小指を残しつつ「ロリンズ流の限りなくフリーなジャズ」と解釈しても良い位のロリンズ独特のフリーな演奏。エモーショナルに感情のおもむくまま、垂れ流し的にアブストラクトに吹き続けるのでは無い、秩序を最低限に守りつつ、純ジャズのマナーを維持しながら、可能な限り自由に吹くロリンズ流のフリー・ジャズ。

オリバー・ネルソンの古さを感じるアレンジをバックに吹き上げていく、ロリンズ流のフリー・ジャズ。このアルバム『Alfie』の最大の特徴であり個性である。ロリンズらしいテナーの演奏が溢れんばかりの佳作です。意外と僕にとっての「ロリンズの愛聴盤」の一枚です。ジャズ者初心者の頃から35年来、お世話になっています(笑)。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« アコ・マイルスの最高傑作である | トップページ | 幻のスーパーグループだけど »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロリンズ流のフリー・ジャズ:

« アコ・マイルスの最高傑作である | トップページ | 幻のスーパーグループだけど »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー