最近のトラックバック

« モードジャズの「目指すべき姿」 | トップページ | アコ・マイルスの最高傑作である »

2012年10月10日 (水曜日)

懐かしのブレッカー・ブラザーズ

ブレッカー・ブラザーズ(The Brecker Brothers)は、トランペットの兄ランディ・ブレッカーとテナーの弟マイケル・ブレッカー、所謂「マイケル兄弟」によるクロスオーバー/ジャズ・フュージョン・バンドである。1975年にデビューし、1982年に活動を停止。1990年代に再結成し、2枚のアルバムを残す。

フュージョン・ジャズ時代の代表的なバンドの一つである「ブレッカー・ブラザース」。いや〜、フュージョン・ジャズ時代を大学時代にリアルタイムに経験した僕にとって、この「ブレッカー・ブラザース」は実に印象的な、今でも隅に置けないバンドである。

が、なぜか日本では人気はイマイチだったような気がする。どうも、当時のフュージョン・バンドとしては、シンセサイザーやフェンダーローズの様なエレクトリック・キーボードが中心のバンドの方が、日本では受けが良かった。

ウェザー・リポートやリターン・トゥー・フォーエバーやハービー・ハンコックのバンドなどに人気が集中、なぜか、ブレッカー・ブラザーズは、エレ・キーボード中心のバンドの後塵を拝していたような印象が強い。これって僕だけかなあ。

確かに、ブレッカー・ブラザースは、エレ・キーボードの役割は希薄。兄貴のランディ・ブレッカーのトランペットが中心のバンドである、ということは、デビューアルバムの『Brecker Bros.』(写真左)を聴けば良く判る。トランペットのが中心のフュージョン・バンドは受けが悪い。日本では、トランペット中心のエレクトリック・ジャズは「マイルス」のみ。

 

Brecer_bors

 

とにかく、兄貴のランディのトランペットが大々的にフューチャーされている。弟のマイケルのテナーは、このデビューアルバムでは控えめで、兄貴のサポートに徹しているような感じ。

でも、大々的にソロを取る曲になると、そのテナーのインプロビゼーションは、それはそれは素晴らしいものになる。大袈裟に言うわけでは無いが、それまでの演奏の音の雰囲気がガラリと豹変するのだ。それくらいに、マイケルのテナーの個性は素晴らしい。

しかも、である。このブレッカー兄弟の他のメンバーはいかなるものであったのか。Sax:デビッド・サンボーン、Drs:ハーヴィー・メイソン、Bass:ウィル・リー。うへ〜、と思ってしまう。今の耳で聴くと、いやはや、凄いメンバーである。特に、アルト・サックスのサンボーン。マイケルのテナーの大向こうを張って、バリバリ吹きまくっている。躍動的なサンボーン。凄いぜ。

冒頭の「Some Skunk Funk」の演奏の雰囲気が全てである。ブレッカー・ブラザースの音の個性が、この「Some Skunk Funk」にて語り尽くされている。乾いた小粋なファンクネスを漂わせた、タイトなエイトビートに乗って、硬派なフロントのトランペットとサックスのブロウが展開される。そう、このフュージョン・バンド、意外と硬派であり、演奏の展開は意外に「小粋」である。

2007年にマイケルが白血病で死去、実質的にこのバンドは永年停止となる。でも、このブレッカー・ブラザースのアルバムの成果はしっかりと残っている。今回、このブレッカー・ブラザースの全アルバムを手に入れるに至った。しっかりと全アルバムを聴き直してみたい。 

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

« モードジャズの「目指すべき姿」 | トップページ | アコ・マイルスの最高傑作である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47392619

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのブレッカー・ブラザーズ:

« モードジャズの「目指すべき姿」 | トップページ | アコ・マイルスの最高傑作である »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ