最近のトラックバック

« 米国西海岸の清純派SSWです | トップページ | キャノンボール・アダレイの再来 »

2012年10月 7日 (日曜日)

白い砂浜と木陰とブランコと

1970年代ロックの範疇からは外れるのだが、このアルバムはAORとして、実に懐かしい、優れもののアルバム。この盤も、AOR時代を彩る佳作の一枚である。

1981年リリース。アルバート・ハモンド(Albert Hammond)が、TOTOのメンバーなどの西海岸のミュージシャンをバックに完成させたアルバム。タイトルは『風のララバイ』(写真左)。原題『Your world and my world』が、なぜ、日本語に訳して『風のララバイ』になるのかは判らない(笑)。

「マリン・ブルーが輝く時、オフショアに白い波が咲く。そして、エンドレス・サマーの夢が始まる」という、LP時代の「帯コピー」は時代がかっていて、かなり赤面ものです。よくこんな歯の浮くような文言を平気で並べたものですね〜。
 
加えて、曲毎の邦題についても「苦笑もの」があって、如何にAORが「雰囲気優先」だったかが判ります。でもな〜、この辺りの邦題はちょっと行き過ぎですよね(笑)。

個人的には、学生時代にとにかく聴きまくった「懐かしのAORアルバム」。ソフト・ロックの佳作としても評価出来る、爽快感溢れる「大人のロック」です。
 
 
Your_world_and_my_world
 
 
米国西海岸のシンガー・ソングライターとして、「カリフォルニアの青い空」で一世を風靡したアルバート・ハモンドが、その曲の雰囲気そのままに、当時のAORの流行にのった、全篇に渡るソフト・ロックな、ポップなフィーリングが心地良く、実に雰囲気の良いアルバムである。

AORと並行してパンクが流行っていた時代だが、パンクは好きになれなかった。確かにロックの原点は「反抗・主張・女」なんだが、もうそんな歳でもなかったし、ロックを見限って、ジャズに走っていた頃だったので、ロックと言えば「AOR」。特に、カーステで聴くのは、絶対と言って良いほど「AOR」だった。

このアルバート・ハモンドの『風のララバイ』は、まず、ジャケットが良い雰囲気。そして、内容は、と言えば、あの「カリフォルニアの青い空」そのままのハモンドが、米国西海岸系のAORな演奏にのって、実にオシャレに、ナイーブに歌い紡いでいく。どの曲がどうという訳じゃないのだが、アルバム通しての雰囲気が、僕の好みに実にフィットする。
 
ちなみに、AORでポップロックな雰囲気を想起させる「白い砂浜と印象的な木陰とブランコ」といったジャケットは、日本制作のジャケットです。米国では全く違ったデザインです(写真右)。これはどう見ても、日本制作のジャケットの方がセンスが良いですね。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 米国西海岸の清純派SSWです | トップページ | キャノンボール・アダレイの再来 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47349417

この記事へのトラックバック一覧です: 白い砂浜と木陰とブランコと:

« 米国西海岸の清純派SSWです | トップページ | キャノンボール・アダレイの再来 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ