最近のトラックバック

« 不思議な魅力のスイング・ジャズ | トップページ | ギリ英国ロックなセカンド盤 »

2012年10月20日 (土曜日)

懐かしの英国ロック「バドカン」

秋が来れば思い出すロック・アルバムが幾つかある。そんな中の一枚が『Bad Company』(写真左)。1974年の秋。高校1年の秋である。

バッド・カンパニー(Bad Company)はバンド名。略して「バドカン」。元フリーのポール・ロジャース(vo)、サイモン・カーク(ds)、元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス(g)、元キング・クリムゾンのボズ・バレル(b)と超豪華メンバーが集結したスーパーバンド。

ポール・ロジャースが、前に在籍した伝説のグループ「フリー」の活動を反省し、大衆受けする判り易いブルース・ロックを目指し、特に、デビューアルバムとセカンド・アルバムはその方向で成功を収めた。

サード・アルバム以降はアメリカン・ハード・ロック的な路線を突っ走り、フツーのバンドになって、1980年代に入るとメンバー間の確執が表面化し、『ラフ・ダイアモンド』(1982年)を最後に活動休止。1986年に再結集するが、バンドの看板ボーカルであるポール・ロジャースの姿はありませんでした。

さて、フリーのボーカリスト、ポール・ロジャースが、同じフリーから、ドラムのサイモン・カークを引き連れ、モット・ザ・フープルのギタリスト、ミック・ラルフス、そして、キング・クリムゾンを首になったベーシスト、ボズ・バレルという強力な布陣で臨んだバッド・カンパニーは、メンバーの豪華さからスーパー・バンドと騒がれた。
 

Bad_company

 
と言っても、当時は、1974年、当時、ロック・キッズ駆け出しのプログレ小僧だった僕は4人とも全然知らなくて、しかも、どシンプルなアルバム・ジャケットと相まって、何が「スーパー・バンド」なのかが、サッパリ判らなかった。

しかし、冒頭の「Can't Get Enough」のリフには痺れた。冒頭の「Can't Get Enough」が無かったら、当時、聴き込まなかったろうな。さて、今の耳で聴きかえしてみると、バリバリのブルース・ハードロックだったフリーから、2名のメンバーを迎えている割には、ブルースっぽい香りはしない。恐らく、ミック・ラルフスが、ブルース・ルーツの薄いギタリストだったせいもあるんだろう。

結構、シンプルでソウルフルな雰囲気で、既に、ファースト・アルバムにして、米国マーケットをしっかり意識している印象。そんな米国指向の雰囲気の中、そこはかとなく、湿っぽくて、曇った様な、ブリティッシュ・ロック特有の雰囲気が漂っているところが、このアルバムの魅力。

アルバム全体を見渡すと良い曲が多い。ソウルフルなスロー・ナンバー「The Way I Choose」、モット・ザ・フープルのナンバーをバドカンらしくカヴァーした「Ready For Love」、バンド名と同タイトルの「Bad Company」なんざあ、ブリティッシュ・ロックの雰囲気一杯の名曲。そして、極めつけは、やっぱり「Can't GetEnough」。

しかし、アルバム全体の雰囲気は、それまでのブリティッシュ・ロックをあっさりと通り越して、米国マーケットへと向かいつつある、そこはかとなくアメリカン・ロックの嗜好が見え隠れする、1974年のバッド・カンパニーならではの名盤と言えます。バリバリ、ヘビーでブルージーなブリティッシュ・ロックを期待すると肩すかしを食らいますぜ(笑)。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 不思議な魅力のスイング・ジャズ | トップページ | ギリ英国ロックなセカンド盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47526896

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの英国ロック「バドカン」:

« 不思議な魅力のスイング・ジャズ | トップページ | ギリ英国ロックなセカンド盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ