最近のトラックバック

« すなわち「第三の流れ」 | トップページ | 不思議な魅力のスイング・ジャズ »

2012年10月18日 (木曜日)

今日はバイタルなフュージョン

秋も深まってくると、聴くジャズもしみじみしたものが多くなる。しみじみしたものが多くなると、どうしても、心がセンチメンタルになる。もともと、高校時代から大学時代にかけて、秋は良い想い出が無い季節ではある(笑)。

心がセンチメンタルになると、そんな良く無い想い出が次々と思い出されてきて、今まで歩いて来た人生そのものが哀しくなってくる(笑)。これではいけない。ということで、今日はバイタルなフュージョン・ジャズで気合いを入れる。

Greg Howe, 櫻井哲夫, Dennis Chambers『Vital World』(写真左)。『Gentle Hearts』に続く、Greg Howe, 櫻井哲夫, Dennis Chambersの2枚目のスタジオ録音のアルバム。2010年9月のリリース。ネット上では、賛否両論、好評と不評が入り交じる不思議なアルバムではあるが、僕は、このアルバム、好きです。

冒頭の「Critical Planet」から、ラストの「Father」まで、徹頭徹尾、ハード・ロックの様な怒濤の高テンションなフュージョン・ジャズ。しかも、櫻井のベースをはじめとして、ハウのギター、デニチェンのドラムも、思いっきり超絶技巧ときている。

70年代ロックのテクニックよりも印象的なリフ一発勝負な「ハード・ロック」の比では無い。でも、この怒濤の勢いと高テンションは、思わず、70年代のロックを彷彿とさせる。しかし、凄い勢いのインプロビゼーションである。怒涛の「テクニカル・ハード・フュージョン」とでも形容しようか・・・。
 

Vital_world

 
櫻井哲夫はベーシスト。日本を代表するフュージョンバンド、カシオペアにかつて在籍していたオリジナルメンバー。現在はソロ・アーティストとして活動している。この櫻井のエレベが凄い。ジャコからマーカス以降、もはや当たり前となったベースの速弾きではあるが、この櫻井の速弾きは太くてデジタルチックで「速い」。

この太くてデジタルチックな速弾きがどう聴こえるかで、賛否両論、好評と不評が入り交じる状況になる感じかな。

このデジタルチックな速弾きに相対するからこそ、グレッグ・ハウのギターとデニス・チェンバースのドラムも、しっかりとデジタルチックなリズム・セクションとして、櫻井のベースをバッキングする。つまりは櫻井のエレベがつまらなければ、バックのリズム・セクションの二人もつまらない、ということになる。ふむふむ・・・。

アルバム全体が「バイタル」。活力溢れるパワフルなフュージョン、やっぱり僕は好きやなあ、このアルバムが。グランド・ファンク・レイルロードの「Are You Ready」をカバっているところなんぞ、バイタルなフュージョン・ジャズならでは・・・(笑)。そして最後は『Father』のバラードで、しっとりとクールダウン。

アルバム・ジャケットも、バイタルな櫻井の勇姿が凛々しく、さすがタイトルは『Vital World』。バイタルなフュージョン・ジャズで気合いを入れる。元カシオペアのオリジナル・ベーシストがガツンと気合いを入れてくれる。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« すなわち「第三の流れ」 | トップページ | 不思議な魅力のスイング・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47502189

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はバイタルなフュージョン:

« すなわち「第三の流れ」 | トップページ | 不思議な魅力のスイング・ジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ