« キャノンボール・アダレイの再来 | トップページ | 懐かしのブレッカー・ブラザーズ »

2012年10月 9日 (火曜日)

モードジャズの「目指すべき姿」

待望の新「音楽監督」のウェイン・ショーターを迎え入れての、久々のスタジオ録音になる。1963年4月の『Seven Steps To Heaven』関連のスタジオ・セッション以来、約2年ぶりのスタジオ録音である。待ちに待ったショーターの参加である。

ウェイン・ショーター参加後のアルバムとしては2枚目になる。先に、1964年9月にライブ録音が実現し、『Miles in Berlin』のタイトルでリリースされている。

このお披露目ライブの中心人物のショーターのテナーはどうかと言えば、まだまだ革新的とは言い難いものだった。切れ味の鋭い、間を活かしたマイルス好みのコルトレーンという風情で、1964年の時点で、マイルス・クインテットにコルトレーンが在籍していたら、きっとこういうブロウをしただろうなあ、と強く思わせるコルトレーン・ライクなブロウ。

待望のショーターを迎えてのスタジオ録音盤のタイトルは『E.S.P.』(写真左)。改めてパーソネルは、Miles Davis (tp), Wayne Shorter (ts), Herbie Hancock (p), Ron Carter (b), Tony Williams (ds)。1965年1月20日の録音になる。

このスタジオ録音盤の内容は素晴らしい。ハードバップの演奏ルーティンを総括し、ハードバップが獲得したグループ・サウンズとしての表現、アレンジを総括し、モード・ジャズの演奏スタイルの「目指すべき姿」を指し示した、当時のジャズのみならず、現代のジャズにおいても、メインストリーム・ジャズの「最終形」としての一つを表現した、「目標となるべき演奏の形態」がギッシリと詰まっている。

この名盤においては、バックのリズム・セクションが素晴らしく「革新的」。ショーターが参加するまで、ライブ中心に鍛えに鍛えた革新的なリズム・セクション。メインストリーム・ジャズの「最終形」としての一つを表現した、「目標となるべき演奏の形態」を表現する為の「特別なリズム・セクション」。
 

Miles_davis_esp

 
トニー・ウィリアムスの超高速レガートを核とした「モーダルなドラミング」が、演奏全体の雰囲気を引っ張る。そこに、ハードバップ時代のピアノの要素を集約し、そこにトリスターノ流のクールでパルシブなタッチを織り交ぜた、これまた、当時として「革新的」な、ハービー・ハンコックのピアノが絡む。

が、このアルバムで一番「革新的」なのは、ロン・カーターのベース。ハードバップ時代、ベースの基本スタイルとなったウォーキング・ベースを全く排除し、トニーのパルシブなビートに呼応するような、細かく刻まれたシーツ・オブ・サウンドの様なベース。トニーのパルシブなドラムとロンのパルシブなベースが、音の「間と伸び」を活かした、マイルスやショーターのフロント楽器のモーダルな演奏にベスト・マッチするのだ。

ショーターのテナーは確実に進化していて、徐々に「ショーター」らしいテナーの響きを獲得しつつある。まだまだ、コルトレーン・ライクな響きが演奏全体の半分くらいを占めるが、後の半分は、しっかりと「ショーター」した音が実にユニーク。これが、後に「宇宙人」的フレーズ、などど評される、ショーター独特のモーダルな響きである。それまでのジャズ・テナーのスタンダードだった、コルトレーン的な音、ロリンズ的な音とは全く異なる「第三極的」なテナーとなるショーターの音。

しかし、やっぱり、このアルバムの演奏の中で、一番、格好良くて、一番に良い良いところも持って行くのは「マイルス」。モーダルな演奏を最大に惹き立たせるリズム・セクションを得て、マイルスのモーダルなトランペットが、自由自在に変幻自在に、切れ味良く、爽快に浮遊していく。このアルバムでのマイルスのトランペットは成熟の極み。

さすがはマイルス。メインストリーム・ジャズは「かくあるべし」という雰囲気のアルバムは神々しくもあります。冒頭のタイトル曲「 E.S.P. 」の出だしのフレーズを聴くだけで、ハードバップの延長線上では無い「新しいメインストリーム・ジャズ」の響きを感じます。マイルス者中級者必須の名盤です。

ちなみに、ジャケット写真で、マイルスが見上げている女性は、当時の奥方のフランシス。なんとなく仲睦まじそうですが、なんと、この写真が撮られた1週間ほど後にフランシスは家を出て、2人の結婚生活は破綻するんですね。「マイルスは小説より奇なり」です(笑)。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« キャノンボール・アダレイの再来 | トップページ | 懐かしのブレッカー・ブラザーズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モードジャズの「目指すべき姿」:

« キャノンボール・アダレイの再来 | トップページ | 懐かしのブレッカー・ブラザーズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー