最近のトラックバック

« ロリンズにフリーは似合わない | トップページ | すなわち「第三の流れ」 »

2012年10月16日 (火曜日)

ウエスばりの白熱ギターインスト

このキャッチ・フレーズが目に入って、思わず衝動買いした、Pat Martino『Alone Together with Bobby Rose』(写真左)。

『ウエスの名曲をふたりのギタリストが白熱のプレイで聴かせる。パット・マルティーノが脳疾患で倒れる前の1977年から78年にかけて残されたギター・デュオによる未発表演奏集』

Pat Martino (g) と Bobby Rose (g) の二人のギタリストが共演して、ウエスの名曲の数々を弾き倒していく。ボビー・ローズは、マルティーノと同じサウス・フィラデルフィアの出身で、親しい音楽仲間のひとりとのこと。とにかく息の合った、テンションの高いギター・インストが堪能出来る。

しかし、録音状態は良くない。少なくとも、ジャズ者初心者の方々にはお勧めしかねる位の音の悪さ。でも、それを差し引いても、このパット・マルティーノとボビー・ローズのテンション高く、攻撃的な「攻めのギター」は聴き応え十分。

とにかく凄い迫力。ウエスはもうちょっとシャープな切れ味を持ったインストなのだが、このマルティーノとローズのインストは、ウエスの音をちょっと太くしたような、切れ味よりも勢いで押し切る様な迫力のある「白熱のギター・インスト」である。

 

Pat_martino_alone_together

 

その押し切る様な迫力のあるギターが2本で、ウエスの十八番の曲をやるのだ。とにかく「ど迫力」満点である。冒頭の「Four On Six」を聴くだけで、思わず、その迫力に精神的に「仰け反って」しまう感じなのだ。2曲目の「Alone Together」以降も、音の雰囲気はズバリ「ウエス・モンゴメリー」。しかし、ウエスより、太くて勢いのあるギターが個性。

要所要所でウエスの十八番「オクターブ奏法」も聴くことが出来て、とにかく、迫力満点、聴いていてとても楽しいライブ盤である。確かに音は悪い。しかし、ヘッドフォンを介して聴くと、耳の中に「ど迫力」な、太くて勢いで押し切るギターが一気に広がる。これが良い。耳の中で、迫力のある太いジャズ・ギターの快感が広がる。

このアルバムで、僕はマルティーノを見直した。こんなにテンションの高い、攻撃的で正統派なジャズ・ギターを弾く人やったんや、と思わず感心した。うむむ〜、不明を恥じるなあ。もう一度、マルティーノは聴き直しやなあ。

これだけ個性的なギターを聴かされると、ジャズ・ギターって楽しいなあ、って心から思う。ギターってなかなか強い個性が出にくい楽器ではないか、と思っていたが、どうして、そんなことは一切無い、ギターもジャズを彩る、主要な楽器のひとつなんだ、ってことが良く判った。

やはり、ジャズは奥が深い。ジャズを聴き続ける所以である。マルティーノには脱帽。もう一度、マルティーノにチャレンジだ。

 
 

大震災から1年半が過ぎた。決して忘れない。常に関与し続ける。

がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから復興に協力しよう。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ロリンズにフリーは似合わない | トップページ | すなわち「第三の流れ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/47477711

この記事へのトラックバック一覧です: ウエスばりの白熱ギターインスト:

« ロリンズにフリーは似合わない | トップページ | すなわち「第三の流れ」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ